専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 乾燥もニキビもこれひとつ!「ベビーパウダー」が冬の最強アイテムだった

乾燥もニキビもこれひとつ!「ベビーパウダー」が冬の最強アイテムだった

https://www.shutterstock.com/

ベビーパウダーと言えば、赤ちゃんの肌をサラサラにしてあせもを防ぐといったイメージですよね。

しかし最近では、ベビーパウダーを赤ちゃんに使う人が少なくなってきています。そんなベビーパウダーがスキンケアに使えることを知っていましたか?

今回は美容業界で長年活躍している筆者が、ベビーパウダーをスキンケアにプラスして使用する方法をお伝えします。

 

■ベビーパウダーは肌に良い成分がいっぱい

ベビーパウダーの主な原料は、“タルク”と“コンスターチ”です。タルクは、滑石という粘土鉱物の一種。非常に細かい粒子で、フェイスパウダーやパウダーファンデーションなどに含まれています。

水分や油分を粒子の間に吸い上げ、サラリとした感触にしてくれたり、皮膚同士の摩擦を軽減し、あせもや肌荒れを防ぐ作用があります。

また、コンスターチはトウモロコシから取れる植物でんぷんで、お菓子作りなどに使用され、やはり粒子が細かくサラサラしたパウダー状のもの。

水分や油分を抱え込む性質があり、消炎・皮膚柔軟・抗菌・沈静作用など肌に良い作用がたくさんあります。

 

■「洗顔+ベビーパウダー」でニキビケアに

くすみやニキビが気になる方は、洗顔にベビーパウダーをプラスしましょう!

いつも使用している洗顔にベビーパウダーをティースプーン1杯入れ、よく泡立てます。その泡で優しく洗顔をし、よくすすぎましょう。

ベビーパウダーがスクラブの働き(ピーリング効果)をし、明るい肌にしてくれます。普通のスクラブよりも粒子が細かいので、使用していてもザラザラ感がなく肌の弱い人にはおススメです。

また、ベビーパウダーには皮膚を柔らかくする作用があるので汚れが取れやすくなり、消炎作用などでニキビの殺菌ができるので、ちょっとしたニキビケアにはおススメです。

ひどいニキビやなかなか治らないニキビの場合は、皮膚科に行くことをオススメします。

 

■ベビーパウダーを使った3種の美肌パック

(1)ニキビや毛穴が気になる人、美白したい人は、牛乳100ccにベビーパウダーを大さじ2杯加え、ドロッとなるまでよく混ぜます。ゆるめのパックなので液だれに注意して、10分おいてぬるま湯で流すだけでOKです。

(2)しっとり保湿効果が欲しい人には、ヨーグルト(無糖)大さじ1杯にベビーパウダー小さじ1杯、そしてハチミツ大さじ1杯をよく混ぜ、顔にのせ10~15分おいてぬるま湯で流します。

(3)鼻の毛穴詰りが気になる人は、泥パックとベビーパウダーを1:1の割合で混ぜてパックすると効果倍増です。

パックの後は、スキンローション・ミルクローション・クリームでのプラスのお手入れも忘れずにおこないましょう。

 

■超乾燥肌の人にはコレ

超乾燥肌の人は夜お風呂上がりのスキンケアで、スキンローションや美容液・ミルクローション・クリームと肌にたっぷり付けたくなりますよね。でもたっぷりつけたはいいけど、お肌がベタベタになってしまいます。

そんなときにベビーパウダーを薄くはたいてみて下さい。肌の表面がサラサラに……!あとはゆっくり寝るだけで、ツヤツヤ肌になれること間違いなしです。

漬け過ぎには注意しましょう。

 

■ベビーパウダーを使う時の注意点

ベビーパウダーは排水溝にたまりやすく、放置していると詰まりの原因になることがあるので、洗顔やパック後はお水またはお湯を少し長めに流しましょう。

また粉の粒子が細かく飛び散りやすいので、混ぜる時には注意しましょう。

【筆者略歴】

※ a.kumi ・・・長年美容業界で携えた知識と技術で、年齢と抗うことより心身共に美しく年を重ねる提案を発信している。

【画像】

※ RomarioIen / shutterstock

【関連記事】

あれ、老けたって言われちゃう!意外と見落としがちな「冬の乾燥シワ」対策

秋の乾燥で肌が老ける!? 内側から「うるおい肌をキープする」方法とは

今からはじめて乾燥知らずに!プロが教える「お肌の冬支度」方法

※ 出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

※ どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

a.kumi
ビューティーエイジングコラムニスト

「コスメライセンススクール広島校」・「Beautystudio Gaiiery」の代表をしており、長年美容業界で携えた知識と技術で年齢に抗うことより心身ともに健康で美しく年を重ねる提案を発信中。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる