専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 賢い妻はやってる!「プライドの高い夫が素直になる」接し方

賢い妻はやってる!「プライドの高い夫が素直になる」接し方

https://www.shutterstock.com/

男性は元々“プライドが高い”と言われたりしますが、「ちょっと高すぎじゃない?」と感じる男性もいますよね。

そういう男性ほど、めんどくさいことにデリケート。人から持ち上げられていないと不機嫌になってしまったりします。 「それって、うちのダンナだわ……」と思った女性も多いのではないでしょうか。

かつて筆者もそういう男性と付き合った経験があり、どう接していいかを悩みました。そして意外なところに、“素直になってくれるコツ”があることを発見したのです。

そこで今回は、セラピーを通じて多くの女性を幸せな結婚に導き、夫婦円満のアドバイスに定評がある“女のしあわせ研究家”の筆者が、プライドの高い夫が素直になる、とっておきの秘策をご紹介します。

 

■気を使い過ぎたり、ビクビク接したりしない

プライドが高すぎる男性は、本当はどこか自信がありません。そんな“弱い自分”を隠したくて、強固な“プライドの鎧”を着ています。だから、ちょっとしたことにも「オレをバカにしている」と過剰反応してしまい、不機嫌になることで、「どうしてわかってくれないんだ」と抗議しているんです。

でも、それって本人が一番大変だと思いませんか? 人から必要以上に持ち上げられていなくても、自分の内側から自然に自信を持てるようになった方が、男としてラクに生きれるはずですよね? ですので、妻が機嫌を損ねぬよう気を使い過ぎたり、腫物をさわるようビクビク接しても、根本的な解決にはなりません。

 

■夫にカチンとされたら、「アナタのこと否定してないわ」と言う

彼らは自信がないゆえに、何気ない一言でも「否定された」「劣っていると思われた」と勘違いしてしまう傾向があります。

例えば、「友達の〇〇子、今年ダンナに海外旅行に連れて行ってもらえるんだって。ステキね~!」と言えば、「俺が海外にも連れて行かないダメ夫だと言いたいのか」とカチンと来てしまう、という具合です。

そんなときは、「私がカレの機嫌を損ねてしまった!」と萎縮するのではなく、「考えすぎ!アナタを否定してないわ。アナタだってプレゼントくれたりしてるじゃない」と切り返します。そうやって、「いちいちプライドが傷ついては楽しい会話ができない。それってもったいないことだな」と気づかせてあげるようにします。

 

■機嫌を損ねたら一旦そっとしておき、「わたしが一番アナタを認めてる」と言ってあげる

機嫌を損ねているときは傷ついているので、何を言っても無駄。一旦はそっとしておくしかありません。でも、タイミングを見て「わたしが一番にアナタを認めてるの忘れないでね」「わたしはアナタのスゴイところを知ってるんだから」と言ってあげて下さい。

そうすると夫は、自分が過剰反応していることに徐々に気づいていきます。そして「妻はオレをわかってくれているんだな……」と信じるようになってきます。

 

時間がかかる人もいるかもしれませんが、「大丈夫、わたしはアナタの味方よ」と言葉や態度で示していけば、夫も少しずつプライドのガードを緩められるようになり、妻にぞっこんになっていきますよ。

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Dean Drobot / Shutterstock

【関連記事】

溺愛される妻はやらない!「夫婦円満」になれる意外なコツ2つ

愛され妻はやってる!ありのままで「夫婦円満」になれる方法

彼を振り向かせたい!「大逆転」を狙える禁断の恋愛テク

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

珠艶
女のしあわせ研究家/セラピスト
セラピーやライフコンサルを通じ、多くの女性を幸せな恋愛・結婚・適職に導いている「レボルシオン」のカリスマ・セラピスト。自らも16歳年下の夫と溺愛夫婦を実践。著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる