専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > カレも腰砕け…!今夜試してみたい「快感を呼ぶ」ベッドテク

カレも腰砕け…!今夜試してみたい「快感を呼ぶ」ベッドテク

http://www.shutterstock.com/

アナタは彼とのベッドタイムで、カレにも気持ちよいことをしてあげていますか? 待ち切れずに、すぐに強い刺激を求めてくる男性も多いかもしれませんね。でも、いきなり……ではちょっともったいない。男性のカラダにも、“快感を感じるポイント”が色々とあるのですから。

男性は、「ココをこんな風にされると気持ちいいんだ」と実感すると、それを女性にも試してみたくなり、どんどん“愛撫上手”になるんです。元々指先の動きが固く、つい触り方が強くなってしまう男性は、柔らかいタッチの女性の愛撫がとても参考になるようですよ。

そこで今回は、セラピーを通じ多くの女性を幸せな恋愛に導いている“女のしあわせ研究家”の筆者が、カレをエッチ上手に導く方法をご紹介します。

 

■1:“耳の周り”や“首筋”をそっと……

耳の周りや耳の穴、首筋付近は、男女ともに性感帯がある場所。「わたしもそこは弱い!」という女性もいますよね? でも、唾液たっぷりでベロベロ舐められるのだけは、さすがに気持ち悪いもの。興奮してやりがちな男性もいますけれど……。

そこでアナタは、舌先だけを使って、触るか触らないか程度の圧で舐めてあげてみて下さい。カレはその快感に、きっと腰砕けになるでしょう。

 

■2:“乳首”を唇と舌先で軽く……

実は男性も、“乳首”を攻められると気持ちいいんです。初めはくすぐったく感じる人もいますが、唇で柔らかく吸ったり、舌先で軽く舐めたりを繰り返すと、のけぞるほどの快感を覚えるようになる人もいます。

カレがアナタの乳首を吸うとき、「強すぎて痛い!」と思ったことはありませんか? そこでアナタはあくまで優しく、女性ならではの愛撫をしてみて下さい。その方が“骨抜きレベルの快感”を得られることにカレもきっと気づいてくれますよ。

 

■3:“脇の下”や“太ももの内側”を、指先で……

脇の下や太ももなど、普段さらされていない場所には、強い性感帯がある人もいます。触るか触らないかのソフトなタッチで、脇から腰のラインを指先でなぞったり、膝付近から太もも、ペニスまでのラインを軽く指でなぞってあげると、たまらないほど快感が走る男性もいます。

カラダの性感帯に触るときは、ソフトなタッチの方がより快感を味わえることを、きっと男性にわかってもらえるでしょう。

 

いかがでしたか? 男性の愛撫テクは、女性が導くことによって進化します。「ここをこんな風に触ってほしい……」と説明する前に、実際にやってみせてあげた方が早いかもしれませんよ。

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Pressmaster / Shutterstock

【関連記事】

着衣セックスも…!? カップルのマンネリを打破する「な・に・ぬ・ね・の」

意外と楽しい!2人の距離が縮まる「おうちデート」テク

ちゃんとつけてよっ!「コンドームしない男の本音」はコレ

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

珠艶
女のしあわせ研究家/セラピスト
セラピーやライフコンサルを通じ、多くの女性を幸せな恋愛・結婚・適職に導いている「レボルシオン」のカリスマ・セラピスト。自らも16歳年下の夫と溺愛夫婦を実践。著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる