専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > カレもうんざり…「可愛いやきもち」と「うざい嫉妬」の境界線

カレもうんざり…「可愛いやきもち」と「うざい嫉妬」の境界線

https://www.shutterstock.com/

恋愛中にライバルが出現したら、どんな女性も“やきもち”を妬いてしまいますよね。それを「そんなにオレのことが好きなのか……可愛い!」と思ってもらえる場合もあれば、「やばいなこの子……嫉妬深すぎ」と思われてしまうことも。その違いとは一体どこにあるのでしょうか。

そこで今回は、セラピーを通じ多くの女性を幸せな恋愛に導いている“女のしあわせ研究家”の筆者が、オトコが「可愛い……!」と許せる“やきもち”と、オトコに本気でウザがられる“嫉妬”の違いについて分析します。

 

■愛情確認なら“やきもち”で!根本では“カレを信用していること”が条件

男性がやきもちを「可愛い」と思う条件は、長引かせずその場限りであること。それなら“ひとつの愛情確認”として受け止めることができるんです。

そして彼女が、根本では自分を信じてくれていること。信用があるからこそ、「あの子のこと可愛いと思ってるんでしょ!」とやきもちを焼いても、「バカだな……オマエが一番に決まってるじゃん!」とカレの弁解があればすぐに笑顔が戻り、今まで以上にラブラブになれます。

そういう“やきもち”であれば、男性には許容範囲。時と場合によっては、嬉しい刺激になることもあるんです。

 

■“うざい嫉妬”の多くは、コンプレックスやトラウマが原因……だから男にとって重い

男性が「うざい!」と感じるレベルの嫉妬の多くには、その場のやきもちだけでなく、女性のコンプレックスや過去のトラウマなどが影響していることが多々あります。だから男性に“重い”と思われてしまうのです。

「どうせわたしは愛されない」「どうせ男は裏切るんだ……」例えばそのような思いが根っこにあると、カレが何を言っても信用することができません。ですので一度やきもちを焼くと、何度もしつこく男性を責めたり、「また傷つけられるのではないか」と警戒し、ちょっとしたことにも嫉妬して、男性から嫌がられてしまいます。

 

■嫉妬心を軽くするには、“自分を癒し愛すること”

「いつもカレを疑っている自分を変えたい!」そう思っている女性もいるかもしれませんね。そんな人は、自分をもっと愛せるように意識していくと、少しずつ嫉妬心が軽くなることが多いですよ。例えば、毎日鏡に向かって「大丈夫、可愛いから愛されてるよ」など、自分に言ってあげるのも効果的です。

過去のトラウマから男性が信用できない場合は、「目の前のカレは今までの男性と違う」と自分に言い聞かせるといいでしょう。そしてツラい思いをした自分を、「お疲れさま、これからはきっと大丈夫」と癒してあげてくださいね。

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ gpointstudio / Shutterstock

【関連記事】

これもダメなの…!? 「年下男子」と上手くいかなくなるNG行動

アナタのカレはどう…?オトコが「本命彼女」だけにみせる5つの言動

「いつも彼氏がいる女性」と「彼氏ができない女性」その違いとは…?

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

珠艶
女のしあわせ研究家/セラピスト

セラピーやライフコンサルを通じ、多くの女性を幸せな恋愛・結婚・適職に導いている「レボルシオン」のカリスマ・セラピスト。自らも16歳年下の夫と溺愛夫婦を実践。著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる