専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 直塗りは厳禁!「目の下のクマ」を自然に隠すプロのスゴ技

直塗りは厳禁!「目の下のクマ」を自然に隠すプロのスゴ技

https://www.shutterstock.com/

真冬に突入し、底冷えする日が続くと、健康だけでなく美容にも影響が……。女性にとって体の冷えは、健康だけに限らず美容にも大敵なのです。

血行が悪くなることで起きやすくなる、顔のくすみやクマ。特に目の下のクマには、メイクでもなかなか隠れない!と頭を抱えている人も少なくないのでは?

そこで今回はメイクアップアーティストの筆者が、目の下のクマをナチュラルに隠すマル秘テクをご紹介します。

 

■ 朝の2分でカバーしやすいクマに

朝はとにかく忙しく、1分でも短縮したい気持ちは痛いほどわかります。しかし、雑なメイクほど崩れやすく、持ちも悪くなるので、適当にすればするほど、午後の自分に“面倒なメイク直し”というツケが回ってくることに。

目の周りの皮膚は非常に薄く、皮膚の下の血管が透けてしまうこともあります。そのため、血行不良はすぐわかってしまいます。それをメイクでカバーすることは可能ですが、どうしても分厚くなりがち。

化粧崩れのリスクを減らし、ナチュラルにカバーするためには、“厚塗り感”が出てしまってはNG。メイク前のひと手間が、ナチュラルな目元を実現するための鍵となります。

ホットタオル、もしくは洗顔後に少し熱めのお湯で濡らしたタオルをしぼり、目元に置いて2分ほど放置。本来であればもう少し放置したいところですが、朝は少しでも時間を削りたいため、これくらいにとどめておきましょう。

目元をこうして温めることにより、目元の血流を促し、血行不良によるクマをカバーしやすくします。

 

■ ファンデーション+コンシーラーって完璧?

クマをカバーするのに活用されるコンシーラーですが、使い方は実に様々。これは、ブランドによってもやり方が異なる場合もありますが、今回は、その枠を超えて考えてみましょう。

ファンデーションの上にコンシーラーをのせると、カバーできる可能性があがると同時に、分厚くなるというリスクもあがります。これは、決してナチュラルではありませんよね。

時間が経つとひび割れてきたり、浮いてヨレてしまう可能性も捨て切れません。ナチュラルにカバーするためには、やはり“いかに薄くできるか”という部分が大切になるので、目元のクマ部分はファンデーションを塗らず、コンシーラーだけでカバーするのがベストです。

色みが気になる……という場合は、コンシーラーにリキッドファンデーションをミックスしてもよいでしょう。

 

■ コンシーラーの直塗りは禁止!

スティックコンシーラーやペンタイプのコンシーラーなど、直に目元に塗って指で叩くという方法がありますが、ナチュラルに仕上げたいのならそれは避けて!

ナチュラルに仕上げるためには、少量ずつ複数回に分けてコンシーラーを重ねることが大切です。一気に多量のコンシーラーをつけることによって、うまくなじまなかったり、必要以上の分量をつけてしまうことも……。

そのため、コンシーラーは一度手の甲などに出して、指で少しずつ軽くトントンと叩き、伸ばすようにのせていくのがポイントです。

間違っても、指でクマ部分をこすりながらコンシーラーをのせることはしないでくださいね! シワの原因になってしまいますよ。

 

油分が多いコンシーラーは、重ねたときにヨレやすさが生じるため、仕上げに軽くフェイスパウダーをのせておくのが吉。

なにごとも焦らず、朝のひと手間と、少しずつカバーすることを心がけると、ナチュラルにクマをカバーすることができますよ。

みなさまもぜひ試してみてくださいね。

 

【筆者略歴】

※ 黒木絵里 ・・・ 外資系化粧品メーカー2社、某大手ヘアサロンのメイクセクション統括を経験後、独立。Eri Kuroki Make-up solution代表となり、育成やマニュアル監修、大手企業のセミナーのほか美容ライターとしても活動中。

【画像】

※ AlikeYou / shutterstock

【関連記事】

夜まで崩れ知らず!アラサー以降のベースメイクテク

プロが教える!「知っているかで差がつく」ベースメイクのコツ

プロは毎日やってる!ゆとりの朝を叶える「ベースメイク」の時短テク

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる