専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 禁止するとますます…!? ダイエットしたいのに「甘いモノ」がやめられない理由

禁止するとますます…!? ダイエットしたいのに「甘いモノ」がやめられない理由

https://www.shutterstock.com/
https://www.shutterstock.com/

ダイエットを始めるときに、まず「甘いものは食べない!」と心に誓う人も多いのではないでしょうか。しかし強く決心をしたはずなのに、「せっかく頂いたんだから」「期間限定スイーツだから……」と何らかの言い訳をしながら、つい食べては後悔のため息をつくことって多いですよね。欲求と罪悪感が混沌とする気持ちでのダイエットは辛いものです。

そこで今回は心理カウンセラーでもありダイエット指導歴24年の筆者が、甘いものがやめられない原因と対処法をご紹介します。

 

■1:禁止されるとより欲求が強くなる!?

例えば売り切れの商品こそ気になるとか、子どもの頃に「まだ早いからお化粧はダメ!」と言われて余計にメイクをしてみたくなったとか、そんな経験はありませんか? これは行動心理学で“カリギュラ効果”と呼ばれる心理作用です。ダイエットをする際に「甘いものを食べちゃダメ!」と自分自身に禁止することで、より一層甘いものが食べたくなるのも、このカリギュラ効果のせいだと言えます。

では禁止しなければいいかというと、そうすれば欲求の赴くままに食べてしまうリスクが伴います。筆者お勧めの方法は、生理前など頑張っても痩せにくく、精神的にも不安定になりやすい時期に、ブラックチョコレートや普段はあまり手を出さないような高級スイーツを1度だけ食べてもいいというルールを設けるなどして、自分にご褒美をあげること。

高級スイーツをホテルのラウンジなど、落ち着いた高級感のある場所で食べると更にテンションが上がり、次の生理前までの頑張りへと繋がりやすくなります。

 

■2:ダイエットの目的を明確にして、甘いものから意識をそらす

もちろんダイエットの目的は痩せることでしょう。しかし痩せても誰も気づいてくれなかったら、どうでしょう。きっと「せっかく甘いものも我慢して頑張って痩せたのに……」と、寂しい気持ちになることでしょう。そこには人の持つ“承認欲求”を満たしたいという思いがあります。

「痩せてきれいになったね」と周囲に認められたい! 痩せて自分の好きな服を楽しみたい! それがダイエットの本当の目的ではないでしょうか。ダイエットの目的は甘いものを我慢して必死の努力をすることではないことに気づきましたか? そこに気づけば、意識を甘いものから少しそらすことができるのではないでしょうか。

 

■3:実はデブ子にも多い栄養不足

太っている人に多いのが、糖質過多だけでなく、必要栄養素の不足です。新鮮な野菜に含まれるビタミンCや食べたものをエネルギーとして代謝する際に欠かせないビタミンB群やマグネシウムなどのミネラルは摂れているか。食べ過ぎているものではなく、足りないものに意識を向けることも、甘いものの食べ過ぎを防ぐことに繋がります。

ビタミンB群は豚ヒレ肉やレバー、納豆などに、マグネシウムなどのミネラルは海藻や大豆製品に多く含まれています。引き算ダイエットを考えるとどうしても甘いものがほしくなってしまいますが、足し算ダイエットに切り替えるだけで、食べるべきものが多くて、甘いものどころではなくなる人もいます。

また、必要栄養素が不足することでも体が甘いものを欲する場合もあるので、甘いものが食べたくなったときは「ミネラルは足りてる?」「ビタミンB群は足りてる?」と自分に問いかけてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。ダイエット中もやみくもに我慢するだけではなく、身体の声をきいて、内側から美しくなることを目指してくださいね。

【筆者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。著書は『本当は怖いデスクワーク(日本実業出版社)』。

【画像】

※ Ann Haritonenko / shutterstock

【関連記事】

20代とは違う!「アラサー以降のダイエット」を成功させる方法

あなたは顔、おなか、どこから太る?体型別、効果的なダイエット法

またカレに会いたい…!男性が返事をしたくなるLINEテク

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

SAYURI
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる