専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ツケマは逆効果!? 小粒目が一番かわいく見えるアイメイク

ツケマは逆効果!? 小粒目が一番かわいく見えるアイメイク

https://www.shutterstock.com/

小粒目=“非美人”だと思い込んでいませんか? 小粒目をコンプレックスに思っていたりしませんか?

30代を迎えたら、自分と向き合って良いところを活かしたメイクがたしなみ。目は大きければ良いというわけではないですよね。小粒目だからといって、アイプチや二重効果を狙ったつけまつ毛からは卒業しましょう。

今回はヘアメイクアップアーティストである筆者が、小粒目をもっともっと好きになるメイクテクをお伝えします!

 

■「拡大」ではなく「強調」すること

二重などのボリュームのある目には、ボリュームのあるグラデーションアイメイクのように、目を大きく拡大していく手法も向いていますが、小粒目さんは苦手。メイクのボリュームに目が負けてしまいます。強調して輝かせる工夫をしましょう。

(1)くすみは徹底的に消し去る

目の下、上まぶたにくすみはありませんか? クマはもちろん、色素沈着や血管の透けなどのくすみが、小粒目をより、ぼや~っと見せています。

くすみを消し去ることで、目の輪郭がくっきりはっきり際立ちますよ。

クマはオレンジやイエローのコントロールカラーで整えて。それでも消えなければファンデーションより1段暗めのコンシーラーを。

仕上げは、クマが強い人はアイボリーのアイシャドウ。血管の透けなど赤みが消え切らない人は、薄い透け感のあるミントグリーンのアイシャドウをふんわりのせるのがおすすめ。

コンシーラーだけでなく、パウダーも併用するとよれることも減りますよ。

(2)縁取りアイライン

縁取りアイラインというと、囲み目のような濃い目のアイメイクを想像するかもしれませんが、それとは違います。

一重や奥二重の小粒目の人は、下まぶたが少し盛り上がると同時に、目の際がグッと奥に入っているのも特徴。ということは、下のアイラインが自然になじみやすいということなのです。

下のアイラインを入れることで、目の輪郭を強調できて、さらに目に奥行きが出るので瞳も輝いて見えるのです!

ブラウンやネイビーのペンシルアイライナーで、目尻側から黒目の下よりも少し目頭側まで思い切って入れてみて。ポイントは、ごく細く描くこと。先にくすみを消し去っているので、そのコントラストでいつもの1.5倍ぱっちり目に!

下まぶたを縁取るアイライン、おすすめですよ。

 

■眉を下げて、アイゾーンの印象アップ

目と眉の位置を見てみてください。理想的なのは、目と眉の間隔が鉛筆一本分と言われています。小粒目さんの場合、この基準よりも間隔が空きすぎていいる場合があります。

間隔が空いていることによって、目の印象がより薄まることに繋がります。そこで眉を下げることによって、アイゾーン全体の印象を強くしていきましょう。

(1)縦方向へグラデーション

眉を描くとき、眉頭は薄く眉尻に向かって色を濃くしていくのが普通ですが、そこに1つ工夫を加えます。上下にグラデーションを作ってみてください。

まずはいつも通りに眉を描く。その後、黒目の上あたりの眉、その中でも眉毛幅の下の方を、濃い色になるように色を足す。

いつもの通りの眉でも、このワンステップだけで位置が下がって見え、アイゾーンの印象が強くなりますよ。

(2)太すぎはNG

目と眉の間隔を狭くしようと、単純に眉毛を太くしようとしては絶対NG。なぜなら小粒目さんは太め眉が苦手だから。眉の印象ばかり目について、より目を小さく見せます。

太眉の縦幅は、目の縦幅の6割程度が限界と考えて。

 

いかがでしたか? 小粒目をより美人に見せるメイクのポイントは、いつものメイクに少し工夫をするだけ。試してみてくださいね。

【筆者略歴】

※ 川上絵理 ・・・ ヘアメイクとしてブライダル・TV の現場で活動する傍ら、メイクカラーカウンセラーとして色彩心理学×メイク アップで“より自分らしく、なりたい自分になる”方法をアドバイスをしている。

【画像】

※ Yeko Photo Studio / shutterstock

【関連記事】

ローラがお手本!目を大きく見せるためのアイメイク&裏技

マツエクも!? 「しょぼしょぼシジミ目」になりがちなNGアイメイクって

菜々緒級の目力に!大人のアイメイクはグレーを選んで

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

川上絵理
ヘアメイク/メイクカラーカウンセラー
ヘアメイクとしてブライダル・TV撮影の現場で活動、専門学校講師も務める。また、メイクカラーカウンセラーとして色彩心理学×メイクアップで“より自分らしく、なりたい自分になる方法”をアドバイスしている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる