専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 冷えるとギョッとする「どんより顔色」に!プロが教えるセルフケア

冷えるとギョッとする「どんより顔色」に!プロが教えるセルフケア

寒さによる冷えが気になるこの時期。手足はもちろんお顔も冷えて、なんだかどんよりした顔色になっていませんか?

血行不良はお顔のくすみやむくみの原因となり、放置しているとたるみの元になることも。人と会う機会が多い年末年始、冴えない顔じゃがっかりですよね。

そこで今回は、エステ講師の筆者が血流をUPしてリフトアップするセルフマッサージをご紹介します。

 

■普段のお手入れにも取り入れたい“耳回し”

コルギでも耳の施術があるのですが、耳周辺を刺激することで、耳下腺リンパ節をほぐします。顔色がUPし、そのあとに行うマッサージもより効果が出やすくなります。

目尻もキュッ!血流UPでリフトアップするセルフマッサージ

人差し指と中指で耳を挟み、耳の根元を回すように場所を変えて刺激します。とても簡単なので、ぜひ普段のお手入れの中にも入れてほしい、おススメの手技です。

 

■たるみに効果的な“頭皮ほぐし”

頭皮と顔の皮膚は、1枚で続いています。そのため、頭皮をほぐすことでリフトアップに効果が期待できます。

目尻もキュッ!血流UPでリフトアップするセルフマッサージ

耳の上から生え際に沿って、頭皮を円を描きながらほぐします。こめかみの近くは特に念入りに行いましょう。頭皮を引き上げたとき、ほうれい線が薄く見えたり、頬が引き上がるように感じる箇所も、しっかりほぐしてください。

 

■こめかみに集めてリフトアップ

たるみが気になるときは、流したも老廃物などをこめかみに集めるようにしましょう。

目尻もキュッ!血流UPでリフトアップするセルフマッサージ

保湿やマッサージをするときも、基本的には下から上に向かうことを習慣にしてみてください。

目尻もキュッ!血流UPでリフトアップするセルフマッサージ

こめかみに集めたら、そのまま手根でこめかみをほぐします。頬のマッサージなどをしたときも、こめかみに集めます。

最後はこめかみから耳の前を通り、耳たぶの後ろ、首を通って鎖骨に流して終了です。

 

いかがでしたか? お顔の血流UPは、手足同様、温めることも効果的。ホットタオルで温めたり、マッサージをするときも手を温めるといいですよ。参考にしてみてくださいね。

【筆者略歴】

坂本 雅代 ・・・ 国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士。これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【画像】

deeepblue / shutterstock

【関連記事】

出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

うつやストレスにも効果的!話題の「マインドフルネス」の実践法

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

坂本雅代
国際中医薬膳師/エステ講師
大手エステティックサロン店長を経て独立起業。エステティシャン歴は15年となり、これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる