専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > 逆にぺしゃんこに!美容師が教えるスタイリング剤のNG使用法

逆にぺしゃんこに!美容師が教えるスタイリング剤のNG使用法

http://www.shutterstock.com/

今日は大切な日。スタイリング剤をつけてばっちり決めたのに、あっという間にぺしゃんこに……。実はそれって間違ったスタイリング剤のつけ方が原因かもしれません。

スタイリング剤はふんわりさせたり形をキープする効果がありますが、つけ方によっては逆にぺしゃんこになったりと、マイナスに働いてしまうことがあるんです。

そこで今回は美容師の筆者が、多くの人がやりがちな整髪料のNG使用法についてお伝えします。

 

■やりがち!スタイリング剤のNG使用法

(1)ワックスなどを根元からつける

ふんわりさせようと根元からスタイリング剤をつける方もいらっしゃいますが、実はこれNGなんです。特にワックスなどの油分が多いものは、根元につけることで重みでぺたっと髪が寝てしまい、その後どうスタイリングしようと、ふんわり立ち上がりにくくなってしまいます。

 

(2)効果を期待して、多めにつける

ふんわりさせようと、適切な量より多めにつけるのも、効果が半減してしまいます。たくさんつけることにより逆に重みが増して、髪がぺしゃんこになってしまうんです。使用量を守って、なじませるようにしてくださいね。

スタイリング剤の裏などに書いてある量より少し少な目からスタートしてつけていけば、失敗しなくてすみますよ。

 

(3)前髪やトップからつける

1番気になるところって多くの人にとって前髪やトップなので、そこからつけ始める方も多いのですが、これもぺちゃんこ髪になってしまう理由のひとつ。

1番最初につけることでスタイリング剤がつく量が多くなりやすく、あっという間にぺしゃんこになってしまうこともあります。前髪とトップは毛量も多くありませんので、毛量が多めのえり足からつけると失敗が少ないでしょう。順番としては襟足、もみあげ、中間、トップの順番がオススメです。

 

いかがでしたか? スタイリング剤でのぺちゃんこは、ほとんどの場合重みが原因です。またスタイリング剤をつける前には、ドライヤーなどで根元を立ち上げて、ある程度かたちをつけてから使用することでよりセットがきれいに決まりますよ。

【筆者概略】

小泉順一朗・・・ 美容師。都内美容室勤務を経験後、22歳で『川田美容室』を設立。お客様が楽しくなるサロン作りをコンセプトとしており、HPブログLINE@などでも日々のケアなどを発信。アフターフォーローにも務めている。

【画像】

※ ATeam / shutterstock

【関連記事】

やりがちだけど不潔…!「シャンプー詰め替え」時に避けたいNG行動

今スグやめて…!みるみる「抜け毛が増える」整髪剤のNG使用法

老け見えの原因に…!秋の「白髪」を食い止める予防法

シャンプーは3日に1回で十分!? 冬髪のパサつき予防の間違った認識3つ

シャンプー買うならココを見て!髪にダメージを与える「残念な成分」とは

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

小泉 順一朗
美容師/川田美容室代表
美髪をテーマにお客様が本当の笑顔になるようにカウンセリングからお店作りをしている。普段のスタイリング等をラインなどでアフターフォローもしている。また、働く女性を支援し雇用面でも積極的にママさんを雇用している。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる