専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 「気持ちよすぎっ…!」彼女にされると嬉しすぎること3つ

「気持ちよすぎっ…!」彼女にされると嬉しすぎること3つ

https://www.shutterstock.com

「大好きな彼にもっと好きになってほしい」「もっと喜ばせたい!」恋をしている女性の多くがそう思っているのではないでしょうか。エステもメイクも努力して女子力を上げているという人も多いでしょう。だけど、彼のためにできることは他にも色々ありますよ!

今回はこれまで5,200件以上の恋愛・結婚相談を受けてきた筆者が、彼女にされると男性が嬉しいことを3つご紹介します。

 

■1:彼の趣味の話をしてあげる

彼の趣味についてこっそり詳しくなっておき、彼との何気ない会話の中に織り込んでみましょう。自分の趣味を理解し、同じ目線で会話をしてくれる彼女のことを彼はより好きになるでしょう。

趣味がマニアックなものであればあるほど、2人の結びつきは強くなります。ほかに理解してくれる女性があまりいませんからね。すでに付き合っている状態でも、これはとてもオススメです。恋愛初期の“お互いを知る”時期が終わってしまうと、共通の趣味があるかどうかは、恋が長続きするポイントのひとつになりますよ。

 

■2:オイルマッサージで心も体もほぐしてあげる

まだカラダの関係がない場合は、「わたしってマッサージがうまいんだよ。座ってて」と、肩を揉んであげるのもよいでしょう。彼はやや無防備な背後から肩を揉まれることにより、心も体も今までになく、ほぐれること間違いなし。また、その状態で彼女が色々話しかけると、思いもよらない彼の本音が聞けるかもしれません。

カラダの関係がすでにある場合は彼を寝かせて、オイルマッサージをしてあげると、その気持ちよさに彼も虜になるでしょう。

 

■3:溜まっている食器を洗ってあげる

彼が一人暮らしで、キッチンにまだ洗っていない食器が積み重なっていたら、黙って洗ってあげましょう。そのような場合、キッチン自体も汚れていると思いますので、軽く掃除してあげるのもいいですね。いきなりの彼女の新妻のような振る舞いに、彼は嬉しさと恥ずかしさでしどろもどろになるでしょう。

注意しておきたいのは“ついでに掃除する場合、ピカピカにしすぎなくてよい”ということ。あくまで、彼の家にある掃除道具でできるくらいで行うのがベストです。やりすぎてしまうと“彼の日常生活へのダメ出し”となり、苦労したわりに感謝されませんから。

 

これらの行為は、最初は「そんなことしなくていいよ~」と言われるかもしれません。しかし、嫌がっているわけではなさそうなら、次もしてあげて構わないと思います。心の距離を縮めることが、親密さにつながるのですから。

 【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ Myvisuals / shutterstock

【関連記事】

愛され彼女はやってる!オトコも喜ぶ「次のデート」の約束方法

グッと心の距離が縮まる!オトコも喜ぶ「コミュニケーション術」

大事にされる女性はやってる!オトコが「気遣い」よりも喜ぶコト

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表

恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる