専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 告白も女性からする時代!? 意中の彼をゲットするコツ

告白も女性からする時代!? 意中の彼をゲットするコツ

http://www.shutterstock.com/

「好きな男性がいるのですが、わたしから告白しちゃいたいんです!」

筆者が恋愛コンサルタントを始めたばかりの10数年前は、「告白は男性がするもの。女性からの告白は、自分の価値が下がるのでよくない」という考えが一般的でした。しかし草食系男子の増加に伴って、女性から告白することも増えてきましたよね。

男性でも女性でも告白の成功率はそこまで変わらないと思われがちですが、実はそうではありません。女性から告白するほうが、付き合う確率が高いと言えます。それというのも、多くの女性はいきなり告白するといった無謀なことはせずに、しっかりと段階を踏まえて、仲良くなったうえで告白する人が多いからです。

今回のコラムでは、女性から告白するときに成功しやすく、お付き合いが始まった後も大切にされる方法についてお伝えします。

 

■1:男に「自分が決めた」という自覚を持たせる

女性から告白することの基本中の基本がこれ。告白はするが、あくまでも彼の意思が絶対で、自分は彼の答えを待っているというスタンスで臨むこと。あなたが思うより時間がかかっても、返事を急がないことが大切です。

決定権を持った(と錯覚した)彼は控えめな女性を愛しく感じ、彼女の気持ちを受け入れます。彼がOKの返事をした場合は、大げさに喜びましょう。それにより彼は彼女を“選んだ”という感情を持ち、今後の付き合いにもリーダーシップを発揮してカップルの関係が上手くいきやすくなります。

 

■2:仲のよさそうなカップルのなかで、感情を盛り上げる

カップルがたくさんいる公園、繁華街、娯楽施設などに彼を誘導しましょう。仲のよいカップルたちをウォッチングをしながら、付き合うということへの感情を盛り上げ、自分たちのことへ話題を移しつつ告白へ持っていく方法もあります。

 

■3:自分の部屋で手料理を振舞う

何度かデートはしているけれど、イマイチ関係が進展しない場合に使える方法です。彼をあなたの部屋に招き、手料理を振る舞うのです。部屋に導き入れることで心を許していることを表し、手料理を作ることで愛情を表現するというわけです。

女性からの料理と笑顔でのもてなしは、「あなたを受け入れますよ」という何よりのサイン。男性は彼女の気持ちを理解でき、心地よい雰囲気の中で告白を受け入れ、彼女を大切な女性と考えるようになるのです。

 

コラムに挙げた方法の3つは、彼が知り合いでもないのにいきなりやってはいけません。“自分がどういう人間なのか”を焦らずゆっくり相手に知ってもらい、信頼を得ることからスタートしましょう。“一緒にいて心地良い”と思ってもらえる関係に発展させてから行うと、うまくいきやすくなりますよ。

 【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ Nina Buday / shutterstock

【関連記事】

私のコト好き?告白してくれない彼の「本音を探る」3つの方法

はっきりしてよっ…!告白してくれない「年下オトコ」を動かすテク

意中のカレを惚れさせる!「男が告白したくなる女」の特徴3つ

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表
恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる