専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > もう…別れちゃう?カレへの「大好き」が続かない意外な理由

もう…別れちゃう?カレへの「大好き」が続かない意外な理由

https://www.shutterstock.com

「あんなに大好きで何でもしてあげたかったのに、最近では彼のために何かをしてあげようと思えない……」そんな風に感じたことはありませんか?

そんなとき、「愛情が冷めたのかな」と考えてしまう人も多いでしょう。しかし実はそこには、思いがけない深層心理が隠されていることがあります。

そこで今回は心理カウンセラーである筆者が、彼を大事に思えなくなったときにすべきことをご紹介します。

 

■1:セルフトークで自分の気持ちを確認してみる

コミュニケーションというと他人とのコミュニケーションを思い浮かべますが、それよりも大切なのは、自分とのコミュニケーション。表面的に感じる感情は実は本音(深層心理)を隠すためのイミテーションかもしれません。

彼と出会った頃の自分の感情、彼と付き合い始めた頃の自分の感情、そして今のように気持ちが変ったのはいつからなのか?何かきっかけがあったのか?を自分自身に問いかけてみましょう。

 

■2:気持ちの変化の本当の原因を探る

彼を大切に思えない。そんな気持ちの深層には、“わたしなんかが彼を大切に思っても、これ以上愛されない”そんな自己否定感からの寂しさや悲しみが隠れている場合があります。

自分の価値を必要以上に低く感じ、その悲しみや絶望感から自分を守るために、自分を責める気持ちを彼に投影していることもあるのです。

もし彼を大切に思えなくなったきっかけがデートのドタキャンや度重なる彼の遅刻、または自分が望むように優しくしてもらえないというものであるなら、「どうせ、わたしなんて」という自己否定感から彼を大切に思えなくなっている可能性があります。

「こんな気持ちで付き合ったら彼に申し訳ない」と思う前に、これまで自分が感じていた彼からの愛情表現のひとつひとつを思い出して、「わたしは十分彼に愛される価値があるんだ」と自己肯定感を高めていきましょう。

 

■3:本当に愛情が冷めた時の感情って?

どんなに彼が自分を愛してくれているかを考えたときに自分に少しでも自信が持てたのであれば、まだ彼に対する愛情があるはずです。しかし何を思い出しても何とも思えない。例え彼が他の女性と付き合っても何とも思わない……そこまで彼に興味や関心がなくなっているのだとすれば、完全に愛情は冷めていると言っていいでしょう。

なぜなら愛情のない人が何をしようと、人は無関心なものだからです。そこまで冷めてしまって“大切に思えない”と感じるようであれば、その恋にピリオドを打って、新しい出会いを求めた方がいいと思います。

 

求めるばかりの愛情は、自分の弱さや自己否定感からくるもの。人には“好意の返報性”といって、何かを与えられるとお返しをしたくなるという心理があります。しかし自己否定感が強いと、「わたしなんかがお返しをしても、喜んでもらえるはずがない」と思ってしまいます。

もし彼に大切にされていることを実感できたら、今よりももっと幸せを感じることができるはずですよ。

【参考】

※ 渡辺恒夫著 『図解 深層心理が面白いほどわかる本―本当のことがホントにわかる!』 中経出版

【筆者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。

【画像】

※ alexnika / shutterstock

【関連記事】

今の二人はどの段階?恋愛における心理的な「3つのステージ」

好きな人からは好かれない…!「恋愛迷路」を脱出するための3ステップ

恋愛テクも役に立たない…「なぜかスグ振られちゃう女性」の特徴

※ 出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

※ どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

佐々木 さゆり
健康管理士/心理カウンセラーなど

長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる