専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > メイクアップアーティストが愛用。「プチプラコスメ」3選

メイクアップアーティストが愛用。「プチプラコスメ」3選

https://www.shutterstock.com

日本列島、”冬将軍”が絶賛大暴れ中で凍える日々が続いています。インフルエンザなどの流行病も猛威をふるっているようですが、みなさま無事でお過ごしでしょうか。

昨年、絶対買いはコレ!メイクアップアーティストが選ぶ「2016ベストコスメ」の記事が大反響! そこで、今回は、プチプラコスメにしぼり、2016年に華を添えた秀逸プチプラコスメをメイクアップアーティストである筆者がご紹介したいと思います。

 

■ アイシャドウ部門:KATE『ブラウンシェードアイズ/¥1,600(税抜)』

メイクアップアーティストが選ぶマストハブな「2016年プチプラベストコスメ」

カラーバリエーション、発色、そして価格も全て申し分のない『ブラウンシェードアイズ』。多くの女性が使いやすいと所持率の高いブラウン系のアイシャドウが、微妙なニュアンスごとに複数種類の展開があるので、まさにかゆいところに手が届きます。

メリハリのつくハイライトカラーとシェーディングカラーがセットになっているので、より彫りの深いメイクも楽しむことが可能。あなたは、どの色がお好みですか?

 

■ アイブロウパウダー部門:ヴィセ『カラーリング アイブロウパウダー/¥1,200(税抜)』

“抜け感”を意識した2016年のメイク事情。太眉ながらもナチュラルに仕上げるには、アイテム選びもポイントの1つでした。

こちらの『カラーリング アイブロウパウダー』は、従来ではセットされないであろうアイシャドウのような色みのパウダーをセットすることで、ニュアンスチェンジが自由自在。

眉尻をしっかり描いて、重くなりがちな眉にも、眉頭で色みをミックスしてのせることで、ナチュラルな抜け感が演出可能なのです。

我々プロの間では、ただブラウンのパウダーで描くのではなく、場合によっては、オレンジのアイシャドウを使用したりするのですが、こちらのアイテムは、そういったかゆいところに手が届く秀逸アイテムといえるでしょう。

 

■ アイライナー部門:フローフシ『モテライナー リキッド TAKUMI/¥1,500(税抜)』

マスカラでも斬新なネーミングに驚かされた人も少なくないはず。その驚きは、ネーミングだけにとどまらず、使用感も驚くほど素晴らしい!

熊野の筆職人がモテライナーのために選び抜いた、異なる毛を黄金比率でミックスして仕上げた筆先は、リキッドアイライナー初心者でも描きやすいしなり具合。持ちやすさも抜群で、手ブレしにくいのも特長的です。

モテライナーは、ウォータープルーフではありませんが、とにかく汗・水・皮脂による崩れが起きにくいのが嬉しいポイント。それなのにお湯で簡単オフできるのは、クレンジングでかかる肌負担も軽減できて一石二鳥。1回買うと、クセになるリピ買い女子続出の逸品です。

 

デパコスもプチプラコスメもその性能たるや、技術の隔たりがなくなってきていますね。だからこそ、選ぶ側としては迷ってしまう……というのが本音ですよね。

プロが選んだ秀逸コスメ、よろしければみなさまのコスメ選びの参考にされてみてくださいね。

【参考】

※ ブラウンシェードアイズ-KATE

※ カラーリング アイブロウパウダー-ヴィセ

※ モテライナー リキッド-フローフシ

【画像】

※ mirela bk / Shutterstock

【関連記事】

夜まで崩れ知らず!アラサー以降のベースメイクテク

朝30秒で見違える!シミ・くすみと無縁になれる仕上げ術【ベースメイクの教科書・最終回】

ツヤ美肌に欠かせない!プロが教えるハイライトの使い方【ベースメイクの教科書#7】

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

黒木絵里
メイクアップアーティスト/美容家
外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる