専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 「素敵な旦那さまね」にどう返す?夫に溺愛される妻たちが普段していること3つ

「素敵な旦那さまね」にどう返す?夫に溺愛される妻たちが普段していること3つ

https://www.shutterstock.com/

結婚して数年経つと、恋人時代に比べて、マンネリムードになる夫婦も多いもの。「もっと夫に愛されたい……」と願う女性は、今年こそラブラブの巻き返しを図りたい!と考えているかもしれませんね。

その一方で、もちろん世の中には「わたしたち、恋人時代より今の方がラブラブです……!」という夫婦もいます。そんな夫婦の妻がいつもどんなことをしているのかって気になりませんか?

そこで今回は、セラピーを通じ多くの女性を幸せな結婚に導き、夫婦円満のアドバイスに定評のある“女のしあわせ研究家”の筆者が、 “溺愛される妻”がいつもやっていることを3つご紹介します。

今年こそラブラブ夫婦に!と思っている女性は、1年の目標にしてもいいかも!?

 

■1:夫のイイ所を見るようにしている

結婚して数年一緒に生活すると、どうしても小さな欠点が目に付くようになります。中には、夫の欠点ばかりが気になり、不満を募らせてしまう妻もいるようです。しかし、それは口に出さなくても態度で伝わってしまいますから、夫婦仲がなんとなくギクシャクする原因となります。

一方、夫に溺愛されている妻たちは、ちょっとした欠点であれば笑いに変えてしまえるような、“許容力”がある女性が多いんです。だから、家庭が暗くならず、夫婦関係も良好なんですね。「○○なところもあるけど、やっぱりカレは優しいから最高!」などと、夫のイイ面を見るようにした方が、愛され妻になれるでしょう。

 

■2:夫のプライドを尊重している

夫のプライドを尊重している妻は、夫から“男を立ててくれる”と感謝されています。一方で、夫のプライドに無頓着すぎると、妻であっても“腹立たしい存在”になってしまうのです。例えば、人前で「この人、給料が安いのよ」などと言ってしまっては、夫のプライドはズタボロ。“本当のこと”だったとしても、男性は傷ついてしまいます。

夫に溺愛されている妻たちは、周りから「ステキなダンナさまね」と言われて「いえいえそんなことは……」と謙遜することはあっても、夫が恥をかくようなことを言いふらしたりしません。夫婦で人前に出て行っても、きちんと夫の尊厳が守れるよう、日ごろから立ち振る舞っているのです。

 

■3:夫に依存せず「楽しみ」を見つけている

夫にとって、いつも妻がイキイキ魅力的であることは重要なこと。それが、妻にいつまでも恋していられる理由ともいえます。

溺愛される妻たちに共通するのは、“自分の楽しみは自分で見つけている”という点です。「夫がしてくれないから」、「夫が連れて行ってくれないから」などと、夫に依存しないと楽しめないようでは負担になってしまうでしょう。

妻であっても精神的に自立しているからこそ、“オンナとして”いつまでも追いかけたくなるのです。

 

いかがでしたか? 愛されるために押さえるべきコトって、意外とシンプルだったりします。でも、ココロを律して強くならないと、なかなか実行出来ないコトもありますよね。「つい周りに流されて逆をやってたわ……」という人も、まずはどれかひとつやってみるようにしてはどうでしょうか。2017年こそ、ラブラブ夫婦が蘇るかもしれませんよ!

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ goodluz / Shutterstock

【関連記事】

※ 愛され妻はやってる!「共働き」でもラブラブでいれる秘訣

※ 賢い妻はやってる!「プライドの高い夫が素直になる」接し方

※ もうダメッ…!今夜試してみたい「カレの願望を叶える」ベッドテク

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

珠艶
女のしあわせ研究家/セラピスト
セラピーやライフコンサルを通じ、多くの女性を幸せな恋愛・結婚・適職に導いている「レボルシオン」のカリスマ・セラピスト。自らも16歳年下の夫と溺愛夫婦を実践。著書「女整体師が教える快感のスイッチ」他。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる