専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > ダイエットには逆効果!? プロはお勧めしない食べ物

ダイエットには逆効果!? プロはお勧めしない食べ物

http://www.shutterstock.com/

年末年始はどうしても太ってしまうから……と、お正月明けからダイエットを誓う人が毎年多く見られます。しかし中には「ヘルシーなものしか食べてないはずなのに、脂肪が落ちない!」そんな体験をしたことがある人も少なくないようです。

そこで今回はダイエット指導歴24年の筆者が、一見ヘルシーそうで実はダイエットを妨げてしまう可能性のある食品をご紹介します。

 

■1:ノンオイル・低脂肪

本来のドレッシングは、油、酢、塩・コショウや醤油などで作りますよね。油を使わないので一見ヘルシーそうなノンオイルドレッシングは、油を使わない分、うま味を出すために大量の糖質が含まていることがあります。

食品データベースでも、和風ドレッシングと和風ドレッシングタイプ調味料(ノンオイルドレッシングなど)を比べてみると、一般的にノンオイルドレッシングと呼ばれている、和風ドレッシングタイプ調味料の方が多くの糖質を含んでいることがわかります。

また“低脂肪”と表記されている食品についても同じことが言える場合があるので、“低脂肪”という言葉だけを頼りにしないよう注意が必要です。

 

■2:甘いグラノーラ

グラノーラは主原料であるオートミールなどにドライフルーツやナッツ類を加えてあったりしますが、味付けのため砂糖やメイプルシロップなどが大量に使われている商品も。

確かに食物繊維が多くお通じがよくなる人も多いようですが、糖質過多は否めません。どうしてもグラノーラを食べたいのであれば、成分表示などもしっかりチェックするようにしましょう。

 

■3:春雨

ダイエット中に麺類は我慢!その代りに春雨を食べた経験のある人もいると思います。春雨サラダや春雨スープ。どちらもヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、春雨には二種類あり、緑豆から作られる緑豆春雨と、じゃがいもやさつまいものデンプンから作られる春雨があります。

食品成分データベースを参考にすると、いずれも100g中最も多いのが炭水化物で、緑豆春雨(乾)は87.5g(うち食物繊維4.1g)、普通春雨(乾)は86.6g(うち食物繊維1.2g)と、緑豆春雨の方が食物繊維は多いものの、これをサラダや酢の物にするためには、さらに砂糖を加えることになります。

通常の麺類よりはダイエット向きだと言えるかもしれませんが、筆者はできればもずくスープなどをチョイスしていただきたいと思います。

 

ちなみに40kgのダイエットに成功し維持している筆者は、ドレッシング、酢の物は手作り、年に数回しか食べないグラノーラも自分で作ります。

いくらスイーツを我慢しても、隠れた砂糖を無意識に摂り過ぎていることも多いので、イメージだけで食品を選ぶことのないよう、正しい知識を身につけてくださいね。

【参考】

食品成分データベース – 厚生労働省

【筆者略歴】

SAYURI・・・長年の医療業界での経験を生かし、健康管理士、食育インストラクター、心理カウンセラーとして執筆活動や講演活動をする傍らNPO法人予防医療推進協会の理事長も務める。

【画像】

※ Elena Veselova / shutterstock

【関連記事】

ボディメイクのプロが伝授!ストレスなくダイエットを成功させる秘訣

ストレスで食欲アップ…「エモーショナルイーティング」を制御する方法

ムリなく「痩せ体質」に…!プロが実践する、日常生活に取り入れたい習慣

※ 出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

※ どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

SAYURI
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる