専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > お正月太りの「ぽっこりお腹」を速攻ケア!プロのマッサージ法

お正月太りの「ぽっこりお腹」を速攻ケア!プロのマッサージ法

https://www.shutterstock.com/
https://www.shutterstock.com/

パーティや飲み会が多い年末年始で、いつも以上にお腹のぽっこりが気になる……という方も多いのではないでしょうか。そのお腹、早めに対処しましょう!

今回はエステティシャンの筆者が、短期間で作られたぽっこりお腹の撃退マッサージをお教えします。

 

ぽっこりお腹に効果的なマッサージ

1)体をひねる

背筋を伸ばし、お腹が前に出ないようにしながら体をひねります。10秒×左右2回ずつを目安に行いましょう。

体をひねることでゆがみを取り除き、腸の動きを活発にします。

20161229yamada02

  

2)腰をさする

両手で腰をさすり温めます。20秒ほど行いましょう。冷え性にもよく、血行が促進されることで脂肪が蓄積しにくいお腹を目指せます。

20161229yamada01

 

3)お腹全体を揉む

お腹全体、脂肪や腸(便秘だと硬く感じることもあります)を揉み、柔らかくします。 

お腹全体が柔らかくなり温かくなり、ピンク色に血色がよくなるくらいが目安です。

20161229yamada04

 

4)腸の流れに沿って押す

右手は下腹部の下、左手は下腹部の上に置き、交互に押していきます。

押す位置は少しずつ右手を上げていき、左手は下げていきます。ゆっくりと30秒ほど行いましょう。

20161229yamada05

 

5)時計周りにさする

最後に、腸の動きに沿って時計回りに手でお腹をさすります。

20161229yamada03

 

いかがでしたか? 腸の調子をよくするマッサージで、ぽっこりお腹とサヨナラしましょう。溜めないことがぽっこりおなか撃退のポイントです。

今回は一時的にぽっこりおなかになってしまった場合の対策をお伝えしましたが、常にお腹がぽっこりしている方は、肥満だけではなく、筋力の低下や骨盤のゆがみなどが考えられます。

筋力の低下により内臓が下垂気味になっていたり、骨盤のゆがみなどから血行不良などを起こしている可能性もあります。このような場合は食事と運動、癖などの見直しを行い、ケアしていきましょう。

 【筆者略歴】

山田みき ・・・ エステティシャン・美容師。自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHKにてエステ指導や雑誌掲載多数。エステ・ヘアメイク・着付け各種コンテスト優勝及び上位入賞の経験をもつ。

【画像】

※ Elena11 / shutterstock

【関連記事】

朝の習慣に!「ねじって1分」のウエスト引き締めストレッチ

自信を持てるウエストに!湯上がり5分の「ねじりエクササイズ」

ちょっと痛いくらいが効く!「ウエストくびれ」をつくる“強めマッサージ”

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

山田みき
エステティシャン/美容師
自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。NHK朝ドラ技術指導や雑誌掲載多数。エステ国際資格及び国内最高峰資格、アロマ国際資格保持。エステ/ヘアメイク/着付けコンテスト優勝及び上位入賞の経験あり。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる