専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > プロはやらない。「美人顔」から遠ざかるNGアイメイク

プロはやらない。「美人顔」から遠ざかるNGアイメイク

https://www.shutterstock.com

メイクのなかでも、特に気合いの入るパーツといえばアイメイク。しかし、アイメイクは他のパーツに比べると、トレンドが非常にわかりやすいのが特徴的。そのためNGアイメイクをしてしまうと、一発で残念な印象になってしまうことも……。

そこで今回はメイクアップアーティストである筆者が、やめたほうがよいNGアイメイクについてご紹介します。

 

■目のキワに沿わないアイライン

目をパッチリみせるべく、しっかりと描きたい“アイライン”。しかし、まつげの生え際とアイラインの間に肌色が見えてしまっていませんか?

しっかりとまつげの生え際にアイラインを埋めて描けていない場合、あなたを美しくみせてはくれません。アイラインは目頭から、しっかりまつげの生え際を埋めるように目のキワに沿って描きましょう。

 

■ 原色カラーの幅広塗り

バブル期を彷彿とさせるブルーやパープルのアイカラー。もちろん、そのカラーがダサいわけではありません。ただ、そういった濃厚原色カラーをまぶたの広範囲にのせてしまうと、途端にバブル期に逆戻りで古臭い印象になってしまいがち。

この場合、アイホールなど広範囲に広げず、目のキワにライン状に入れるなど、入れ方を工夫をするだけで、古臭さを一新したトレンドメイクが叶います。

 

■ 極盛りひじきまつげ

数年前に流行った“極盛りメイク”のなかでも特に印象的だった、マスカラを何度塗りにもしたバサバサなまつげ、称して“ひじきまつげ”。

ボリュームのあるまつげは確かに魅力的ではありますが、ダマだらけでボソボソになったまつげは、美しさのカケラもありません。

複数回に分けて塗る場合、コーミングをしてダマを取り除くことで、スタイリッシュで流れるような美しいまつげに仕上がります。

 

いかがでしたか? 普段使用しているアイテムでも、正しい使い方をすればあなたをずっと素敵にみせてくれます。致命的なNGメイクにならないためにも、ポイントを押さえて上手にメイクしてくださいね。

【画像】

※ Dean Drobot / shutterstock

【関連記事】

出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

うつやストレスにも効果的!話題の「マインドフルネス」の実践法

※ 今スグやめて!やりがちだけど「老け肌を招く」NGケア

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

 

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる