専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 恋愛・結婚 > ずっと大事にされる女性がやってるシンプルなこと

ずっと大事にされる女性がやってるシンプルなこと

https://www.shutterstock.com

恋人ができると、次第に付き合いが落ち着いていくもの。始めのうちはラブラブだったのが、次第に彼からの連絡が少なくなってしまうこともありますよね。

もっと彼を夢中にさせて、ふたりの仲が親密になる方法ってないのでしょうか。

今回は恋愛ライターである筆者が、彼からずっと大事にされている女性たちがやっていることをご紹介します。

 

■1:大事なことは彼に必ず相談する

仕事が上手くいかないとき、友達や家族のことで悩んでいるとき。自分ひとりで決断する前に、恋人である彼にアドバイスを仰いでみてはいかがでしょう。

「どうしようかな」とちょっとしたことでも相談されると、彼も頼りにされていると感じて嬉しくなるはず。相談を通じて価値観も共有できますし、悩みを通じてふたりの仲も深まりやすいでしょう。

 

■2:彼と一緒にいるときは、楽しく笑う時間を増やす

恋愛は付き合っていて、「しんどい」と感じてしまうと、途端に関係が破綻してしまいます。逆に言えば、「一緒にいて楽しい」と感じられることが多ければ、一緒に過ごす時間も自然と増えていくはず。

デート中やLINEなどでやりとりをするときも、彼と関わる時間は“笑顔になること”を意識してみてください。あなたの楽しそうな様子に彼も嬉しくなって、会う機会も、LINEのやり取りも増えてくるはずですよ。

 

■3:彼の好きなもの、嫌いなものを把握する

恋人はお互いにとってよき理解者。彼がどんなものに興味があって、どんなものを苦手に思うのか。あなたなりに理解して味方になってあげられると、彼はますますあなたに対して特別感を抱くでしょう。

ほぼ100%味方になってくれる人って、肉親以外になかなかいませんからね。

 

■4:スキンシップを欠かさない

話をするだけではなく、肌の温もりを直接感じられるスキンシップはやっぱり大事。触れ合うことで伝わることもありますよね。恋人同士だからこそ、手をつなぐだけでほっとすることもあるでしょう。

 

■5:彼を全面的に信頼し、好きな気持ちを伝える

彼のことを「好き」と口で伝える機会って、どれくらいあるでしょうか。恋人とはいえ、お互いの気持ちはいつすれ違ってしまうかわかりません。

「真面目だし優しいし、非の打ち所がないよ!」など。彼に全幅の信頼を示せると、彼もあなたの気持ちに応える付き合いをしてくれるはず。お互いの「好き」という感情がより色濃くなっていくでしょう。

 

彼から大事にされるかどうかは、あなたの態度や行動次第なところもあります。あなたがムリなくできる範囲で、チャレンジしてみてくださいね。

【画像】

※ Kitja Kitja / shutterstock

【関連記事】

カレともう一度向き合うために、あなたにできる3つのこと

やっぱりオマエが最高!マンネリを解消して、夫から溺愛される方法

マンネリは卒業!今夜試したい仲良しカップルのベッドテク

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

柚木深 つばさ
恋愛ライター/コラムニスト
フリーライター。多数の女性向けweb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事づくりをモットーにしている。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる