専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 有酸素運動 > プロがやってる。代謝アップを目指せる「歩き方」

プロがやってる。代謝アップを目指せる「歩き方」

冬の外気の冷たさは、ただでさえ体温を奪います。寒くなると体が縮こまり、体が冷えないように脂肪も蓄積されやすくなります。冷えた体は着込むのではなく、内側から温かくなるように働きかけましょう。

今回はヨガインストラクターの筆者が、寒い冬でも体を温め、代謝を良くする方法をお伝えします。

 

■寒い時と体は脂肪は落ちにくくなる

寒い冬の外気で体から熱が奪われます。そんな時筋肉量が多い体であれば、体を内側から燃やし温めやすくなりますが、筋肉量が少ないと体を温める力が弱くなるので、脂肪を蓄積して冷えを予防しようとします。

これが冬に脂肪の燃焼する力を弱める原因となる可能性があります。それなら筋肉をつけよう!と運動をすればいいのですが、すぐに効果を出そうとすると運動量も割く時間も多くなり大変です。

 

■脂肪燃焼に効果的!腹筋集中ウォーキング

そんな時に筆者がおすすめしたいのが、”ちょっとした工夫でエネルギー消費量を上げる歩き方”です。筆者も寒い冬やウエストがきつくなったなと思った時に取り入れて調整している優れもの。

 

■歩き方はいつもと同じでOK

歩き方を細かく変える必要はありません。いつもより少しだけ大きな歩幅で早歩きをするくらいでOKです。

それでは脂肪を燃やしやすくする歩くときに意識するコツをやってみましょう。

(1)体の後ろ側を意識して立ちます。“脚の後ろ側、お尻、腰から背中、肩甲骨、後頭部(体の後ろ側)”をまっすぐにするイメージです。

(2)下腹部を見ながら、お腹を少し丸めるようにします。

(3)写真にあるように、みぞおちから下へ伸びる赤い矢印と、下腹部から上に伸びる赤い矢印を、お腹の中心である黄色い円のマークである真ん中に向かって上下でお腹を潰すようにしましょう。

(4)お腹の奥に力が入ったら、このまま前方を向き背中が丸まらないように歩き始めましょう。

ポイントは、背中側は真っ直ぐを意識しますが、体の前面は力をお腹の真ん中に集めるようにすることです。

試してみると分かりますが、体の後ろ側をまっすぐにしようとすると、お腹の力が抜けそうになります。それを避けるようにして、お腹の真ん中に力を集めましょう。このまま歩いているだけで、いつもより体がポカポカしてくると思います。

いかがでしたか?まだまだ寒さは続きます。早速明日からでもやってみてくださいね!

【画像】

※ Kichigin / shutterstock

【関連記事】

※ 【スペシャル】恋人にするなら年上or年下?あなたにピッタリな彼はどっち

1ヶ月で効果を実感!太ももをキュッと引き締める3分エクササイズ

むち太もも&ぷよ尻に効く!下半身引き締めフィットネス

骨盤がキュッ!太ももの隙間をつくる「5分エクササイズ」

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる