専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > 本気でバストアップしたいなら、注力すべきは「ヒップ」?

本気でバストアップしたいなら、注力すべきは「ヒップ」?

https://www.shutterstock.com/

本気でバストアップしたいならどうすればいいと思いますか?

姿勢を気をつける? と言っても知らない間にすぐ猫背になってたり。バストマッサージ? それとも女性ホルモンの分泌などが上がるようなバストアップにいい食べ物を積極的に食べる? サプリやバストアップクリームなんかもありますね。

どの方法もやらないよりやった方が当然いいのですが、体の皮は一枚ものです。なのでいくらいろんな方法で時間やお金をかけて努力したとしても、ヒップが下がっているとそれに引っ張られてバストも下がってしまう可能性があります。

ついでに言うとバストが下がってるとお顔も引っ張られてたるむかも。いくらマッサージしたりバストアップサロンに通っても、朝起きてから夜寝るまで重量の影響を受けてしまうので、それを支えなければなりません。

今回はボディメイクコンシェルジュの筆者が、バストアップを叶えるためのヒップアップについてご説明します。

 

ヒップの測り方って?

ヒップを測ってみると8キロから12キロくらい。どうやって測るかというと体重計に乗って誰かにお尻をぐいっと持ち上げてもらいます。

お尻のお肉が体重計に掛からない状態になるのでその差がヒップの重さの目安になります。

できれば女性より男性の方が手が大きくてヒップのお肉が逃げず正確に測れるのでパートナーにお願いできるといいですね。

 

ヒップが引っ張られるとバストにも影響が

ちなみに筆者のヒップは9キロでした。159センチ48キロでの9キロってなかなかのボリュームですよね。しかも女性は脂肪質で男性に比べて重力、引力の影響受けやすいからそれが下がると……。

もちろんバストも脂肪質ですから若い頃に比べて下がってきているはず。そのバストがいつしかウエスト周りに付いたりしてボディラインのメリハリがなくなったり、またヒップが下がっているからそれに引っ張られてさらにバストの下垂を加速させているかもしれません!

 

いかがでしたか? 太ってはないけど上半身と下半身のバランスで悩まれてる女性たちはまずはしっかりヒップアップすることをおすすめいたします。

中からしっかり引き上げるためのストレッチや筋トレと外側の脂肪をしっかり正しい位置に整えて支えるガードルの併用がお勧めですよ!

【参考】

※ ガードル・パンツの選び方のポイント – ワコール

【画像】

※ tryam / shutterstock

【関連記事】

便秘解消にも!冬こそ取り入れたい「朝の腸活習慣」

便秘に効く!「ひねりのポーズ」と排便を促す「トイレでの正しい姿勢」

ツラすぎ便秘にサヨナラ!「腸スッキリ」朝の新習慣 3つ

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

※ そうだったんだ…「免疫と乳がんリスク」には関係があった

%e4%b8%89%e7%9c%81%e8%a3%bd%e8%96%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc1202

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e5%b0%8f%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

nijito%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

【おすすめ記事(PR)】

※ そろそろ結婚したい!お見合いよりも断然楽しく運命の彼に出会う方法

※ サイズにハリ感…アナタは自信アリ?バストの3大悩み&解決法

※ 年齢に応じたケアで効果を実感!美しいハリがキレイの秘訣

※ ほうれい線に使いたいコスメNo.1!20代の肌を実感できる皮膚科医監修の化粧品とは

※ カレも歓喜…!抱かれたい身体になれるモテ子たちの秘策

※ いつ見てもキレイ…!「年齢を感じさせない肌」をつくるスキンケアとは

※ ハリ不足、抜け毛…髪悩みをケア!30代から始めたい「ドクターズシャンプー」

※ そうだったんだ!老け髪には「女性ホルモン」が関係していた

※ 「ガチガチ頭皮」が白髪・抜け毛の原因に!? 見直したい毎日ケア

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる