専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ヘア > 美容師が教える「シャンプーを詰め替える時」の落とし穴

美容師が教える「シャンプーを詰め替える時」の落とし穴

https://www.shutterstock.com/

エコで経済的なシャンプーの詰め替え。

ですが、誤ったやり方をしているとシャンプーが細菌の巣窟になってしまうのをご存知ですか?

そこで今回は美容師の筆者が、シャンプーの詰め替えで避けたいNG行動とその対策についてご紹介します。

 

必ず容器を洗って、乾燥してから詰め替えよう!

使い終わったシャンプーのボトルを洗って乾燥させてから詰め替える方は少ないのでは? ボトル内が濡れている状態ですと、菌が繁殖してしまいます。しっかり乾燥してから詰め替えないとボトルの中は最近の巣窟になってしまいます。そんなところにシャンプーを詰め替え、その菌まみれのシャンプーで髪を洗っていると思うだけでゾッとしますよね。

 

ここは避けて!シャンプー詰め替えのNG行動&対策

(1)使い終わったシャンプーにお湯を入れて使う

これ、かなりの方がやっているのではないでしょうか? 押しても出なくなったボトルにお湯を入れて水増しして使うのはNG行為。

そのお湯を入れたシャンプーをしばらく使っていたり、その詰め替えたボトル内で菌が繁殖してしまいます。1回で使い切る様にしましょうね。また、どうしてもボトルの中身を使いきりたい場合は、お湯を入れたあと1回で使い切るかお湯の代わりに精製水を入れることをオススメします。

(2)シャンプーの継ぎ足し

シャンプーを使い切る前に“継ぎ足し”をしている方も多いのでは? 浴室は雑菌が繁殖しやすい場所。ボトル内はフタを開けなくても雑菌が入りやすくなっています。菌が繁殖したボトル内に新しいシャンプーを足したところで菌が増えて行く一方。詰め替える際はボトル内を綺麗に洗い、乾燥させる必要があります。

(3)古いシャンプーを詰め替える

引き出しの奥にあった何年も前のシャンプー。シャンプーにも使用期限があるのをご存知ですか?

一般的なシャンプーを見ればわかりますが、どこを見ても記載はされていません。ですが永久的に使えるものではないんです。未開封だと約3年、開封してからは半年程度が目安。未使用のものだともったいない気もしますが、期限が過ぎたものは未使用でも使用しないことをオススメします。

 

海外には詰め替えシャンプーの習慣がないところもあります。日本人のもったいない精神って素敵ですよね。素敵な習慣を安全に続けて地球にエコな暮らしで素敵な大人女子ライフを続けてください。

【画像】

※ VGstockstudio / shutterstock

【関連記事】

【診断】気になるむくみの原因は自身が作っているかも?むくみやすさ度チェック

※ 【診断】ダサいって思われてるかも?今すぐ見直したいメイクの時代遅れ度チェック

出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

うつやストレスにも効果的!話題の「マインドフルネス」の実践法

小泉 順一朗
美容師/川田美容室代表
美髪をテーマにお客様が本当の笑顔になるようにカウンセリングからお店作りをしている。普段のスタイリング等をラインなどでアフターフォローもしている。また、働く女性を支援し雇用面でも積極的にママさんを雇用している。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる