専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > メンタルヘルス > なぜ強い人と弱い人がいるのか?「メンタルの強さがわかる」チェックリスト

なぜ強い人と弱い人がいるのか?「メンタルの強さがわかる」チェックリスト

https://www.shutterstock.com

友人・知人の中で「この人メンタル強いな。」と思う人がいる一方、「私はダメ……強くなれない。」そう自分にダメ出しをしている方がとても多いように感じます。しかし自分がそう思っているだけなのかもしれません。

そこで今回は、心理カウンセラーでもある筆者がメンタルの強さのチェックリストから、毎日をより楽しく生きるための考え方をご紹介します。

 

1.まずは自分の思考グセをチェック

(1)買い物をするお店はいつも同じお店と決めている。

(2)あまり経験のない事はしたくない。

(3)今の仕事に不満があるが、転職は考えたくない。

(4)心のどこかで「変わりたい」と思っていても具体的行動をしていない。

(5)人見知りする方だ。

(6)悪い噂話や有名人のゴシップが好き。

(7)人と違うことはあまりしたくない。

(8)SNSの「いいね!」の数が気になる。

(9)「自分を愛する?何それ?」と思う。

(10)自分にダメ出しをすることが多い。

(11)自分のことに精一杯で、誰かの役に立てるとは思わない。

(12)旅行はあまり行きたいと思わない。

(13)よくよく考えてみたら、いつも人にどう思われるかを気にしている。

 

2.チェックが多いほど、メンタルが弱いかも!?

知らないお店に入る、転職をする、人見知りをする、経験のないことをする、旅行をする。どれも安定した日常から逸脱する行為ですよね。それを好ましいと思えないということは変化を恐れているということ。また、SNSが気になる方の多くは、人にどう思われているかが気になって仕方ない人。

その結果、自分にダメ出しをしたり「自分を愛する?何それ?」と思ってしまっているのではないでしょうか。当然、自分のことに精一杯で誰かの役に立てるなんて思いもしないでしょう。

今回のチェック項目は、傷つくことに対する恐怖心と自己肯定感、自己承認をチェックするものです。実はメンタルの強さはどれだけ自分を肯定し、認めているかに左右されます。

 

3.メンタルの強い人の特徴

メンタルの強い人はまず、“自分をちゃんと認めている”そして、“自分を愛せている”方が多いのではないでしょうか。

だから、人にどう思われても、何を言われても心が折れない。自分を肯定出来ているから、他人に否定されても気にならないのです。

そして自分がどうなりたいのか、何をやりたいのか? を明確にしています。自分と何かを比較するときの比較対象は過去の自分。成長を実感しながら、更に成長しようという意欲があります。

 

4.メンタルの弱い人の特徴

逆にメンタルの弱い人は自分を肯定したり認めたり出来ていないから、人に認めて欲しくて「いいね!」の数が気になったり、他人にどう思われるのかが気になったりします。

そして自分がどうなりたいのか、何をやりたいのか? も明確に出来ていないのに他人と自分を比較して勝手に落ち込んでしまう……。

さらに人の悪い噂話や有名人のゴシップを好むのも、「この人よりも自分の方がマシ。」だという安心感が欲しいことの表れになっているのかもしれません。

 

5.メンタルを強くするポイント5つ

(1)比較対象は過去の自分。

(2)他人にどう思われるかを気にしながら生きるって、これって“誰の人生”かを考えてみる。

(3)“自分には無理”だと決めているのは自分自身だと気づく。

(4)自分がどうなりたいのかを明確にする。(書き出すと明確にしやすい。)

(5)失敗は改善点を見つけるためのひとつの経験だと思う。

 

いかがでしたか? メンタルの強い人と弱い人の違いは、自分とのコミュニケーション量がまずあげられます。一度、上記の5点について自分とコミュニケーションしてみてはいかがでしょうか?

【参考】

※ 「自分を超える法」ピーター・セージ著(ダイアモンド社)

【画像】

※ ESB Professional / shutterstock

【関連記事】

実は原因は自分!?むくみやすさ度チェック

※ ダサいって思われてるかも?時代遅れメイク度チェック

出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

うつやストレスにも効果的!話題の「マインドフルネス」の実践法

SAYURI
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる