専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > プロが教える!ナチュラルなマツエクになれるオーダー法

プロが教える!ナチュラルなマツエクになれるオーダー法

https://www.shutterstock.com/

最近ではまつ毛エクステを楽しむ女性は年齢を問いません。そしてまつ毛エクステにもいろんな種類が出ています。アイメイク同様、マツエクもナチュラルに魅せる方向にシフトしてきているんです。

今回はまつ毛エクステの技術指導も行う筆者が、ナチュラルなマツエクにするためのオーダーの際のポイントについてご紹介します。

 

目を大きく魅せようと「長すぎエクステ」を付けるのは逆効果

目の幅や大きさは人それぞれ。マツエクの長さは、目の幅などのバランスで選定しましょう。長すぎはかえって目を小さく見せてしまう場合もあります。

平均的にナチュラルと言われるエクステの長さは、Jカールだと8~9mm、Cカールだと9~10mm あたりが自然です。(※目の大きさによって、長さの見え方は個人差があります)

自まつ毛の長さより1〜2mmほど長いくらいが自まつ毛の負担も少なく、エクステが外れてしまったときも穴が空いた部分がお直しするまでの期間も目立ちにくくなります。

また、目頭は自まつ毛に近い長さを装着し、黒目に向かって長さを出すことでより自然にみせることができます。

 

エクステの素材は、人毛に近い上質なものを

エクステにはシルクエクステ、ミンクエクステ、セーブルエクステなど、いくつかの素材があります。どの種類のエクステも実は原料はPBT(ポリブチレンテレフタレート)という化学繊維。この繊維を柔らかくしたり、ハリをよくしたり、硬さの調節をしてできた素材を、シルクやミンクやセーブルと素材名として分類しています。

メーカーなどによって一概に言えませんが、基本的にセーブルタイプと言われるエクステが人毛に近い素材とされています。仕上がりは柔らかく人毛のように化学繊維らしいツヤを消したマットな仕上がりなので、大人女性にはお勧めです。

 

ブラウン系のエクステを選べば、上品で柔らかい印象に

今までカラーはブラックが主流でしたが、ブラックだとキツイ印象になってしまうことも。なんだかエクステだけが浮いて見えてしまうのが気になる、といったことは、ブラウン系のエクステをフルにつけることで解消できます。

ブラウンでも薄いブラウンは逆にチープな印象になってしまうので、人から見たときにわからないくらいの自然なブラウンをチョイスしましょう。そうすれば優しい印象で、より肌や目元に馴染みます。

今ではグレージュブラウン、アッシュブラウン、カーキブラウン、ダークブラウン、ピンクブラウンなど、ダークブラウンをベースにした中で色の変化を楽しむことが、大人のカラーエクステの楽しみ方の主流となっています。

 

まつげの少ない人はWエクステも

毛先が2本になっているエクステが、実は意外にも自まつ毛への負担が軽減されることをご存知ですか?

通常のエクステは自まつ毛1本に1本のエクステを付けていきますが、Wエクステは1本に2本、または3本のエクステを付けます。1本の自まつ毛に対しての負担はかかりますが、通常の半分のまつげに装着するため、半分のまつげは完全に休ませることができます。

負担がかからないように1本1本の素材も軽いため、とても自然な仕上がりになります。ボリュームラッシュや3Dラッシュなども自まつ毛の少ない方に自然なボリュームが出るのでよいでしょう。

Wエクステは時短でできる点も、忙しい女性に支持されている理由のひとつです。

 

太さで印象が大きく変わる!

エクステは太さによってもイメージが大きく変わります。

0.1mm・・・自まつ毛のような仕上がり。ボリュームはあまり出ない

0.15mm・・・マスカラ1度塗りくらい

0.2mm・・・マスカラ2度塗りくらい

自まつ毛の太さによってエクステの太さとの相性もあるので、自分にあったエクステの太さを選び、本数などでボリューム調整をしたり、太さをミックスして装着することもお勧めです。

濃さを出したいからといって太いエクステばかりつけても、自まつ毛の負担になり抜け毛の原因に。また、太いエクステばかりをたくさんつけてしまうことで、ゴワっとした重たい印象にもなりますのでバランスが大切です。ナチュラルにみせたければ、本数は100〜120本程度がよいでしょう。

 

いかがでしたか? まつげエクステでもいろんな種類があり、ナチュラルに魅せる方法がたくさんあります。自まつ毛の状態や目の大きさに合わせて、エクステの素材や種類を選んでみてくださいね。

【画像】

※ Juta / Shutterstock

【関連記事】

※ まつ毛の寝グセも見られてる!まつエクを美しくキープする方法

※ マツエクも!? 「しょぼしょぼシジミ目」になりがちなNGアイメイクって

※ まつエクが外れる原因はアノ行動にあった!? 美容師が教える長持ち小ワザ3つ

※ ちょっとした違い…!プロから見た「残念アイメイク」

※ プロはやらない。「美人顔」から遠ざかるNGアイメイク

服部祐美子
美容家/サロンオーナー
2012年大阪梅田にCherieオープン。美容歴14年のキャリアを活かし外部講師、オリジナルまつげエクステ、目元ケア商品MOCHIEKU開発。美容専門家として商品評価にも携わり、ミスグランドジャパン2016公式講師。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる