専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > メンタルヘルス > 心の問題だけじゃない!薬剤師が教える「うつ病」に薬が効くワケ

心の問題だけじゃない!薬剤師が教える「うつ病」に薬が効くワケ

https://www.shutterstock.com/

薬剤師の筆者がうつ病に関連した記事を執筆するのは3回目。対策、診断方法に続いて今回は“うつ病の薬”についてです。

この記事をお読みいただいて、多くの方が感じている「うつ病の薬は怖い。」「ちょっと薬多すぎない?」という不安について解消していただけたら幸いです。

うつ病で薬を服用するというのは対症療法です。“抑うつ症状”“不安感”“焦燥感”といった症状を抑えるのに非常に有効で、うつ病を完治させるには欠かせない治療になっています。

しかし、薬を服用するのがイヤで実際に飲むのを止めてしまったり、通院を止めてしまったり、と薬に対する理解不足による治療の妨げが多いという話も聞いています。

そこで薬剤師であり、長年に渡り薬剤師教育に携わっていた筆者がうつ病の薬について説明しますので、ぜひ参考にしてください。

うつ病の薬はなぜ飲むの?本当に症状に効くの?

うつ病は”心の病気”と言われていますが、実際には体の中で“異変”が起きています。

通常、セロトニンやノルアドレナリンという脳内ホルモンが幸福感や安心感、充足感ややる気といった自分の気持ちをコントロールしています。しかし、これらが継続的に少なくなることでうつ病の症状を発症するという仕組みです。

そう、うつ病は体の病気なんです。

ということで、脳内の“セロトニンやノルアドレナリンの濃度を濃くする”又は“セロトニンやノルアドレナリンの働きを良くする”作用を持つ薬を服用することで、うつ症状を抑えることができるのですね。

セロトニンやノルアドレナリンの脳内分泌を元に戻すことはできませんので、薬で完治できませんが、その他の治療と並行することによって完治を目指します。

ここで不安となるのが、“抗うつ薬”という薬のイメージと副作用(依存性)。

上にも書いた通り、うつ病が体の病気である限り薬学的見地に基づいて薬効を期待するのは当然のことですよね。

うつ病という病気自体の理解が少ないと「恥ずかしい」となりかねませんが、現代病であるうつ病は現在でも増え続け、世の中に認知された疾患となっています。

また、抗うつ薬の副作用や依存性については過去の医薬品使用データが蓄積されているので、副作用を軽減する薬を一緒に服用したり、薬の種類や服用期間を確認しながら主治医が薬を選ぶという対策がされています。

どんな医薬品にも副作用はありますから完全とは言えませんが、以前よりも安心して薬を服用できる環境にはなっています。

たくさんの薬が処方されるのが不安…

あくまでもどの薬を処方するのかを決めるのは医師なので、一般的な話としてご説明します。

処方される薬というのは、“それぞれの症状に対してどの薬を飲むのか”という視点で決められます。

うつ病で言えば、

抗うつ薬

抗不安薬

睡眠薬

・副作用を抑える薬(吐き気を抑える薬等)

の組み合わせで処方される場合が多いです。

また、多くの場合は初診で処方されるのは“抗うつ薬”1種類です。まずはこれで数週間様子を見てからその他の症状に対する薬がプラスされたり、同じ種類の薬が追加されたりしていきます。

しかし、よく聞くのは「最初1種類だったのに、薬が増えた。」というお話。

上記の通り“様子見”を経て実際に必要な薬物療法に入りますので、「症状が悪化したのか……?」と全く不安になることはありません。

 

いかがでしたか。うつ病治療の場合は特に主治医との信頼関係が大切と言われていますので、もしも処方された薬で不安があるようであれば必ず主治医に確認してくださいね。

【参考】

※ 出版界史上初の“うつ経験者レポート漫画”『うつヌケ』異例の売れ行き! 発売20日で5万部突破!

【画像】

※ funnyangel / shutterstock

【関連記事】

止まらないストレスによる「ドカ食い」…知っておきたい原因と対処法

ストレスも原因に!? バセドウの症状とリスクを高める生活習慣

めんどくさい人って思われてるかも?「ストレスを溜めやすい人」の思考グセ

※ おブス肌は卒業!タイプ別「選ぶべき洗顔料」と「正しい洗顔法」とは

※ 1つでも当てはまれば危険!「大腸がんリスクが高まる」NG習慣3つ

言霊小町
薬剤師 / 薬剤師キャリア代表
薬学部を卒業後、製薬会社の学術職を経て、薬局・ドラッグストア業界で教育・採用などの業務に従事し数百名の薬剤師を育成。現在は独立し、薬剤師の転職を支援する会社「薬剤師キャリア」を運営している。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる