専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > 悪化する一方かも!? 春に肌荒れする人の「NG行為」

悪化する一方かも!? 春に肌荒れする人の「NG行為」

https://www.shutterstock.com

日本には四季があり、季節ごとに気温や湿度が変化します。そのため肌状態にもいろいろと影響が出てきます。花々が咲き始め気分もウキウキし希望に満ちあふれる春、そんな春なのに……、肌の調子がイマイチになっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はビューティーエイジングコラムニストの筆者が春に肌が荒れやすいNG行為について紹介します。肌の調子が悪くなる方はチェックしてみて下さい。

 

春の肌の特徴

冬が過ぎ、暖かくなるとともに肌のうるおいは増してくるものの、まだまだ乾燥しがちなもの事実。花粉の飛散やPM2.5、春一番などの強風によるホコリ、気温の寒暖の差、そして新生活や生活環境の変化により肌が敏感になる時期なのです。

そんなときはいつも以上に、肌についた汚れや老廃物をキチンと落とし、しっかり保湿し肌のバリア機能を整えることが大切です。そして紫外線の量も増えてくるため、よりUVケアが必要になってくる時期です。

 

春の敏感肌にNGなスキンケア方法

乾燥し敏感になっている時期にやってはいけないことは、”ゴシゴシこする”など肌を刺激する行為はNGです。

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔は、細かい粒子の入った洗顔料で、この粒子が小さな汚れも洗い落とすことだできるので、毛穴に詰まった古い角質や黒ずみ汚れを洗い流すことが期待されます。

ただし、春の敏感肌にはハード過ぎてしまい、かえって肌のバリア機能が低下したり、こする行為が刺激となり赤みやヒリヒリ・チリチリ感といった炎症が起こりやすくなるので、この時期には使用をしないようにしましょう。

ピーリング

ピーリングは、ターンオーバーの遅れにより古い角質がはがれずに残ってしまった角質を取り除くためのスペシャルケアです。古い角質が残ることは敏感肌にとっても良いことではありませんが、肌が炎症を起こしている時や調子の悪い時には、症状が悪化してしまうのでピーリングは使わないでください。

マッサージ

マッサージは、血行を促進させ新陳代謝をアップさせたり、表情筋のコリをほぐしたり、と肌にとって素晴らしい効果があります。

しかし皮膚はとても薄くてデリケートです。過度なマッサージは、皮膚がこすれ過ぎると、刺激となってしまいます。マッサージは、長時間行ったり、肌の表面をゴシゴシこすったり、強い力で行うのはNGです。

化粧水

化粧水は肌の水分量をアップさせバリア機能を高めるアイテムです。洗顔後に何もつけずに放置していると肌の水分が蒸発しやすいのでどんどん乾燥が進んでしまいます。

また使用量が少なすぎたり、強い力でパッティングしたり、コットンでこすったりすると、肌が刺激され悪化してしまいますので、より丁寧なケアが必要です。

 

いかがでしたか? 春は、乾燥により角層が乱れバリア機能が低下して肌は敏感になる時期です。いつも以上に肌に思いやりをもって、優しく丁寧にスキンケアをすることが大切です。

角質を取り除くケアよりも、角層にうるおいを与えるスキンケア(保湿)を重視し肌のバリア機能を正常に導くスキンケアを行いましょう。

【画像】

※Juta  / shutterstock

【関連記事】

むくみやすさ度チェック

※ メイクの時代遅れ度チェック

 
 

出社するの嫌…「メイクのりが最悪になる」朝のNGスキンケア

どんどん老け顔に!プロが指摘する「NGスキンケア」まとめ

うつやストレスにも効果的!話題の「マインドフルネス」の実践法

※ 触りたくなっちゃう!ツヤ美肌は「肌の免疫力」を高めてつくる

a.kumi
ビューティーエイジングコラムニスト
「コスメライセンススクール広島校」・「Beautystudio Gaiiery」の代表をしており、長年美容業界で携えた知識と技術で年齢に抗うことより心身ともに健康で美しく年を重ねる提案を発信中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる