専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > 腸内環境、大丈夫?プロが解説する「善玉菌」が増える仕組み

腸内環境、大丈夫?プロが解説する「善玉菌」が増える仕組み

https://www.shutterstock.com

善玉菌と悪玉菌の菌集合体は、腸内細菌のバランスは、ひとつの臓器と呼ばれるほど重要だと言われています。

産まれたばかりの赤ちゃんに存在するのは90%以上が善玉菌だと言われていますが、加齢と食事内容で減少し悪玉菌が増殖していきます。

そこで今回は管理栄養士の筆者が、腸内細菌のバランスについてご説明します。

 

体調不良のときは悪玉菌の優勢を疑ってみましょう

便秘、腹痛、肌荒れ、口内炎、免疫低下などの体調不良が続いていませんか? もしかしたら悪玉菌が増えていることが原因かもしれません。

悪玉菌は有毒物質を排出し、血管を伝わり肌荒れなどにも影響があると言われています。

悪玉菌を増やすエサとなるのが、消化に時間のかかる肉類。腸内で腐敗し、悪玉菌のエサになることで活発化させてしまうことがあるのです。

 

善玉菌を優勢にするには発酵食品

悪玉菌を減らすには、善玉菌を取り入れていくしかありません。

甘酒、ヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆、大豆食品、味噌、醤油、漬物、鰹節、粕、麹など、善玉菌を取り入れる食品はたくさんあります。

摂取したあとは増殖、活性化させたいですよね。そのためにはエサが必要。

 

エサになるのは食物繊維難とオリゴ糖

食物繊維は、消化性多糖類とも言われ腸内菌の働きで発酵分解されます。主に果物、根菜類、海藻類、こんにゃくなどです。

オリゴ糖は、大豆・てんさい糖・麦芽原料水あめ、牛乳、さとうきびなどに含まれています。野菜(アスパラガス・玉ねぎ)や果物にもわずかに含まれています。

 

善玉菌を取り入れて増やす甘酒

甘酒の原料のお米に含まれるαアミラーゼという酵素の力で、でんぷんやグリコーゲンを分解して、オリゴ糖を生み出し甘酒の甘みがつくられています。

善玉菌である麹菌とオリゴ糖が含まれるので、腸内細菌を整えてくれる万能な一品でしょう。

オリゴ糖は添加物として添加される商品もあるので、なるべく無添加のものを選びたいですね。

 

腸内環境には、発酵食品などと一緒に菌のエサになる食物繊維とオリゴ糖も摂ることが重要なことがわかります。

そして、自分に合った善玉菌を摂ることが大切です。ひとつの食材で摂ることではなく、調理や組み合わせで腸活を楽しんでみませんか?

【参考】

※ 乳児と大人の腸内細菌のちがい – 大和薬品株式会社

※ 飲む美容液「甘酒」を“白・黒・緑”の3色で楽しめる 通販サイト「タマチャンネルショップ」に2月13日新登場!

【画像】

※ Aaron Amat / shutterstock

【関連記事】

【診断】むくむく…むくみやすさ度チェック

※ 【診断】ダサい…メイクの時代遅れ度チェック

ただの和食ではダメ?「ダイエット中のランチ」で気を付けること

40キロ減のプロが教える。2週間で効果を実感したダイエット

ダイエットアドバイザーがダイエットにはおススメしない朝食

ユメカン
管理栄養士
管理栄養士 総合病院勤務 一般企業の営業職を経て、アラサ―で管理栄養士になる夢を叶え、アラフォで病院栄養士の道へ。転勤族の妻・二児の母・自立した女性として心も身体もお肌も輝くアラフィフを目指す。 ブログ『夢の管理栄養士になったユメカンの日常』発信中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる