専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > 下半身おデブに?ヨガ講師が指南「股関節が柔らかくなる」2ステップ

下半身おデブに?ヨガ講師が指南「股関節が柔らかくなる」2ステップ

https://www.shutterstock.com/

下半身痩せに労力を使っている女性にヨガインストラクターである筆者が、簡単で辛くない方法を提案します。

下半身太りの大きな理由は慢性的なむくみ。むくみが溜まるのは股関節周りを日々動かしてない証拠ですね。

しんどいエクササイズをする前に、股関節を柔軟にして下半身の循環を回復させましょう。

 

股関節を柔らかくするのに最初から開脚はハードルが高い

股関節が硬い人が股関節を柔らかくしようとしたときに、いきなり開脚エクササイズを始めてしまうと自分の体の硬さが目立ち、股関節エクササイズを継続するモチベーションが維持しにくくなってしまうかもしれません。

股関節を柔らかくするのに、最初から座って足を開くポーズをしなくても大丈夫。まずは楽な形で股関節にアプローチできる方法から段階を踏むのが、実は一番の近道になります。

 

ステップ1 :股関節を動かそう

まずは立ちポーズから。股関節を動かすことを意識してみましょう。

(1)両足を肩幅の2.5倍に開きましょう。右足先は前方へ、左足先は少しだけ内側へ向けておきます。

(2)両腕を肩の位置で左右に開いたら、頭、首、を上に向かって自然と引き延ばすイメージで腰まで引き上げましょう。

(3)息を吐きながら右足の足の付け根とひざを曲げます。右足の股関節を外側へ外旋させるように意識してひざを正面に向けましょう。

(4)息を吸うタイミングで足を戻し、反対側も同様に行います。

(5)それそれ30秒ずつキープしましょう。無理のない範囲で何度も行います。

 

ステップ2:寝たまま足を解放しよう

(1)仰向けに寝た状態でお尻を壁につけておきます。

(2)両ひざを曲げて脚の裏を壁に当てて、両足の付け根から足を開きます。

(3)両腕を脚の内側に入れて、腕で足を押し込むように開いていきましょう。

(4)このまま1〜3分ほどキープします。

ステップ1は日中に。ステップ2は夜就寝前に。二つを組み合わせて股関節が硬い自覚のある方は、しばらく毎日行ってみましょう。

 

いきなり開脚ストレッチに挑戦しようとしても腰や背中、お尻の硬さが邪魔をしてしまい、肝心の股関節に効かせることができません。

下半身太りを改善するためには、遠回りのように見える立ちポーズで解すことからコツコツとやってみてくださいね。

【画像】

※ fizkes / shutterstock

【関連記事】

実は原因は自分!? むくみやすさ度チェック

ダサいって思われてるかも?時代遅れメイク度チェック

40キロ減のプロが教える。2週間で効果を実感したダイエット

ダイエットアドバイザーがダイエットにはおススメしない朝食

ダイエット中でもOK。美味しくヘルシーにラーメンを食べるプチ技

ダイエット中はサラダより焼肉定食?お肉の大切な役割とは

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる