専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > 睡眠前に水飲んでる?むくまないための水分摂取法

睡眠前に水飲んでる?むくまないための水分摂取法

https://www.shutterstock.com/

「わたし水を飲むと、むくむんですよね」なんて方がたまにいらっしゃいます。わたしたちの体の55~70%は水分でできています。この55~70%と数字に開きがあるのは体脂肪率と関係していて、体脂肪が多いほど体の水分量は少なくなります。

実は筆者もおデブ時代は「むくむから水は飲まない」と1日に食事以外の水分摂取は200cc程度しか摂っていませんでした。それでもやっぱりむくむんですよね。

そこで今回は健康管理士の筆者が、むくまない水分摂取のポイントをご紹介します。

 

1:なぜ、むくむの?

通常、摂取された水は主に大腸で吸収されて、血液やリンパ、汗腺など全身に回り必要なところに補給さます。しかし1度に大量の水分を摂ったり、ミネラルのバランスが悪かったり、座りっぱなしで血行が悪かったりすると、むくみやすくなってしまいます。

 

2:一気飲みはNG!少しずつこまめに飲むこと

カラカラに乾いた喉に冷たい水を200cc以上も一気に流し込んでも、体は上手く吸収できません。1度の水分摂取量は200ccまで(コップ1杯程度)にして、一口二口ずつでもこまめに飲むようにするのがオススメです。

 

3:冷たい水はNG?

実はこれについては、2つの説があるんです。まず冷たい水は体を冷やすからダメという中医学的な考え方と、冷たい水を飲んだ方が、体温が下がらないよう水の温度を上げるためにエネルギーが使われるから痩せやすいという考え方です。

筆者は冷たいものを摂らなくなってから、むくみもおデブも解消されたという体験があるので、個人的には冷蔵庫で冷やした水よりも常温、もしくはお白湯をオススメします。

 

4:水分補給は就寝30分前までに

一般的に眠っている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。入眠後は血流や内蔵の働きも緩やかになるので代謝は落ちてしまいます。そのため寝る直前にがっつり水分補給をするのではなく、就寝30分ほど前にコップ1杯の水分補給をするといいでしょう。もちろん、汗をかく入浴前や起きてすぐの水分補給は必須です。

 

今回は“水(または白湯)”を飲むタイミングについてご紹介しました。「水を飲むとむくんじゃう!」と思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【参考】

※ 「生理学の基本がわかる事典」石川隆 監修( 株式会社西東社)

【画像】

※ Undrey / shutterstock

【関連記事】

【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

美人の基本!プロが教える「美人眉」のつくりかた(PR)

代謝アップの鍵は腸内環境に!? 今すぐできるプロが行うケア法(PR)

佐々木 さゆり
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる