専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > トレンドフード > パンとの相性も抜群!朝の栄養源は「チーズ」に決まり

パンとの相性も抜群!朝の栄養源は「チーズ」に決まり

https://www.shutterstock.com/

みなさんは朝ごはんには何を食べますか? 

家計調査(総務省統計局)によれば、2011 年に国内の穀類消費支出における“米”と“パン”のシェアが逆転して、“パン”が1位になり、パン需要が高まりを見せていることがわかります。

また、2016年に農林水産省が発表した『平成27年度チーズの需給表』によると、日本のチーズの総消費量は、前年度を上回る 320,519トン(前年度比+7.5%増)。

パンとチーズの人気が高まってきているようですね。

 

チーズは栄養価が高い食べ物

欧米では当たり前に食べられている組み合わせですが、栄養的観点から見ても理に適っていると言えそう。

チーズ100gを作るには、10倍の量の牛乳が必要。なので、少しのチーズを食べたとしてもその10倍近い牛乳を飲んでいるのと同じ程度の栄養が得られるらしいのです。

パン食だけど、牛乳は飲まない……朝はブラックコーヒーが良い、という方にもバッチリ。栄養面でもチーズは積極的に食事に組み合わせて食べたいですね。

 

フランスで定番のフレッシュチーズが発売

3月1日にベルジャポン株式会社から、フランス生まれのフレッシュチーズ『ブルサン プレーン』が発売されました。

 

フランスでは「ブルサンを知らないフランス人はいない。」といわれるほど、家庭の食卓に定着しているそう。その魅力は、フレッシュチーズならではのミルク感あふれるチーズの味わいと厳選された素材の豊かな香り、なめらかな口どけ、そしてほろほろとした独特の食感です。

鮮度が美味しさを左右するフレッシュチーズのさらなる魅力作りにこだわったブルサン。今回発売する『プレーン』は、国内の新鮮なミルクのコクを最大限に引き出し、濃厚でクリーミーな味に仕上げています。その独特のなめらかな口どけとプレーンな味は、パンとの相性抜群。

トッピングのアレンジ相手を選ばず、アイディア次第で簡単にはなやか”朝の食卓が実現できそうですよ。

 

 

多忙な毎日を送る中、週末のパン朝食にはバゲットを選んで、いつもより少しランクアップしてゆとりある時間を過ごしたい……そんな大人の女性に特におすすめ。

スーパーで見つけた際は手に取ってみてはいかがですか?

【参考】

ブルサン – ベルジャポン株式会社

※ 平成27年度チーズの需給表 – 出典:農林水産省

家計調査結果 – 総務省統計局

【画像】

※ mama_mia / shutterstock

【関連記事】

【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

美人の基本!プロが教える「美人眉」のつくりかた(PR)

代謝アップの鍵は腸内環境に!? 今すぐできるプロが行うケア法(PR)

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる