専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 女性特有の不調 > 生理のときに悩まされる…頭痛の原因と解消法

生理のときに悩まされる…頭痛の原因と解消法

https://www.shutterstock.com

毎月ないと心配なのが生理ですが、生理がくると生理痛に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

女性って本当にデリケートですよね。同じ生理痛でもお腹が痛くなるのは子宮の変化で生理が起きているから理解しやすいものの、生理が来ると頭痛がするのは不思議ですよね。

そこで今回は予防医療推進協会の理事長を務める筆者が生理中と頭痛の関係と、良かれと思ってやっているのに実は頭痛を悪化させているNG行動をご紹介します。

 

生理の時の頭痛には2パターンある

(1)月経関連偏頭痛

ズキンズキンと脈を打つような鋭い痛みが、こめかみなどの頭の一部もしくは全体に起こるのが偏頭痛です。生理の時の偏頭痛は女性ホルモンの一種エストロゲンが関係していると言われています。

エストロゲンはセロトニンの合成に関わっているのですが生理前から生理中にかけてエストロゲンの分泌が減少するため、当然セロトニンの合成も少なくなってしまいます。セロトニンは血管を収縮させる働きがあるため、セロトニン不足で血管が拡張して神経が圧迫されて起こるの月経関連偏頭痛です。

(2)緊張型頭痛

ストレスや疲れがたまると起こりやすいのが緊張型頭痛。頭全体を締め付けられるような重い痛みが特徴で生理の時以外でも起こります。

生理中に肩こりや背中の痛みなどを感じる人は緊張型頭痛かもしれません。首や肩周辺の血行がストレスなどで悪くなると老廃物の排泄がスムーズに行われず血管を刺激するため頭痛が起こると考えられています。

 

生理中の頭痛の解消法

偏頭痛と緊張型頭痛では対処法が真逆だと言っていいでしょう。偏頭痛の場合は血管が広がって血流が増えすぎているので温めるのはNG。こめかみが痛むと自然と指でこめかみを押さえませんか? 実はそれが正解なのです。

血管を抑えると血流が阻害され痛みが落ち着くのです。この場合は冷やすことも痛みの軽減に繋がります。一方、緊張型頭痛は痛いからと言って冷やすのはNG。老廃物の排泄をスムーズに行うために温める必要があります。カイロなどを首の後ろに乗せたり温かいお風呂にゆっくりつかるようにしましょう。

 

生理中の頭痛は無理をしないでリラックスタイムを作る

生理痛になりやすい女性は真面目で頑張り屋さんだったり、神経質で完璧な行動を求める人が多いと言われています。

いずれもストレスを抱え込みやすくなってしまうので、「生理なんかに甘えたくない!」なんて頑なにならず少し肩の力を抜いて「これくらいでいいか。」と仕事や家事の手をいつもよりほんの少し緩めて自分がリラックスできる時間を作りましょう。

ハーブティやアロマを楽しむのもオススメです。湯船にローズマリーやカモミール、ラベンダーの精油を垂らすのもいいでしょう。

【参考】

※ 「生理学の基本がわかる事典」 – 石川隆監修(西東社)

※ 「アロマテラピー精油事典」 – バーグ文子著(成美堂出版)

【画像】

※ Roman Samborskyi / Shutterstock

【関連記事】

美容師が教える「シャンプーを詰め替える時」の落とし穴(PR)

ツヤが止まらない…!美しい髪の女性がやってること(PR

代謝アップの鍵は腸内環境に!? 今すぐできるプロが行うケア法(PR)

美人の基本!プロが教える「美人眉」のつくりかた(PR)

【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

リーダー不在は危険?人間関係で悩みやすい職場の特徴

イライラをオフ。心と身体の疲れを癒す方法

佐々木 さゆり
健康管理士/心理カウンセラーなど
長年の医療業界での経験や40㎏減量の体験を生かし、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる