専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > 界面活性剤に注意?プロが教える「水クレンジング」とは

界面活性剤に注意?プロが教える「水クレンジング」とは

https://www.shutterstock.com

あなたはメイクオフに、どんなクレンジングを使用していますか? クレンジングはオイル、クリーム、ミルクとタイプも様々。そんな中で、数年前から“水クレンジング”が話題になっています。だけど「実際に肌への負担は?」「水で本当にメイクが落ちるの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“水クレンジング”のメリットとデメリットについてご説明したいと思います。

 

そもそも“水クレンジング”とは

クレンジングと化粧水の効果を持ち合わせたタイプのクレンジングのことを指します。水クレンジングの商品はコットンにクレンジングローションを含ませて拭き取るだけ。商品によっては洗い流すタイプもありますが、拭き取りだけでOKのものがほとんどです。

では、化粧水なのにどうしてクレンジングができるのでしょうか。水クレンジングという名前の通り、確かに成分としては油分より水分が多いのですが、それゆえにオイルで浮かしてメイクを落とすより、保湿洗浄剤として強めの界面活性剤が配合されている、もしくは界面活性剤の配合量が多い商品が目立ちます。

そのためメリットとデメリットを理解し、優れた特性を生かす使い方をすることで、便利なアイテムにもなると言えるでしょう。

 

水クレンジングが叶えてくれるのは時短

疲れて帰ってきてメイクオフするのも面倒という人や、忙しくて時間がないから少しでもスキンケアを時短したいという方にはおススメ。クレンジングをしながら保湿もできるので便利です。

メイクオフをしないと汚肌へまっしぐらなので、そんなときこそ水クレンジングがお肌を守る救世主アイテムとして活躍してくれるでしょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人は注意

普段からお肌が敏感な方や乾燥肌の方、さらにはアトピー性皮膚炎などの方は水クレンジングは適していないと筆者は思います。なぜなら水クレンジングには強めの界面活性剤、もしくは界面活性剤が多めに配合されている商品がほとんど。そのため洗浄力も強く、必要な皮脂や角質まで落としてしまうおそれがあるからです。

乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎の方は、角質細胞の水分が不足している傾向にあります。そんな状態でお肌の油分や、外部の刺激からお肌を守るための角質まで失ってしまうと、バリア機能が低下し、乾燥を促進させてお肌の状態をさらに悪化させてしまうことになりかねません。

洗浄力が強いことがかえってデメリットとなってしまうので、乾燥肌などに該当する人にはあまりおススメできません。

 

どのスキンケアもそうですが、今のお肌やご自身に合うものを判断して正しく使用することが大切です。水クレンジングが気になっていた方は、参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ Dasha Petrenko / Shutterstock

【関連記事】

美容師が教える「シャンプーを詰め替える時」の落とし穴(PR)

ツヤが止まらない…!美しい髪の女性がやってること(PR

代謝アップの鍵は腸内環境に!? 今すぐできるプロが行うケア法(PR)

美人の基本!プロが教える「美人眉」のつくりかた(PR)

【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

つるるん肌に!プロが教える「クレンジング」の正しい選び方&使い方

春肌に起こる「顔のくすみ」の救世主!プロがやってるデイリーケア

杉本由美
美肌研究家/コスメコンシェルジュ

手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる