専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > レシピ > 【管理栄養士おすすめ】すっきりボディを目指す人が食べたい夕飯レシピ

【管理栄養士おすすめ】すっきりボディを目指す人が食べたい夕飯レシピ

画像:圓尾 和紀

「最近ちょっとウエスト周りが気になって……」なんていうとき、あなたは夕食にどんなメニューを選んでいますか? 家で自炊している場合は選択肢が広がるだけに、何を作るか迷いますよね。

今回は毎日自炊している管理栄養士の筆者が、ダイエッターにもおすすめの栄養がしっかりとれる和おかずのレシピをご紹介したいと思います。

 

たんぱく質にビタミン、ミネラルが揃う“和のおかず”とは

今回ご紹介したいのは“炒り豆腐”です。豆腐と卵でしっかりとたんぱく質が補給でき、豆腐には代謝に必要なマグネシウムや女性が積極的にとりたいカルシウムも豊富。にんじんにはビタミンAやE、さやいんげんには栄養素の代謝に欠かせないビタミンB群が多く、ひと品でいろんなビタミンを複合的にとることができますよ。一度にたくさんの栄養を摂ることができるので、量をいっぱい食べなくてもよくダイエッターにおすすめというわけです。

では、レシピを紹介していきます。

 

栄養も豊富で簡単!炒り豆腐レシピ

<材料/2人分>

・木綿豆腐・・・1/2丁

・にんじん・・・4cm

・干し椎茸・・・2枚

・さやいんげん・・・2本

・卵・・・1個

・しいたけの戻し汁・・・50cc

・しょう油・・・大さじ1と1/2

・みりん・・・大さじ2

 

<基本のレシピ>

画像:圓尾 和紀

(1)干し椎茸は水に浸けて戻しておき(冷蔵で半日ほどが目安)、細く切ります。にんじんは半月切りにし、いんげんはヘタを落として、筋が気になるようであれば筋を取ってから4等分ほどに切りましょう。そして卵は溶いておきます。

画像:圓尾 和紀

(2)鍋に湯を沸かして塩をひとつまみ入れ、豆腐を手でさっくり崩しながら加えて3分ほど茹でます。

画像:圓尾 和紀

(3)鍋に油をひき、にんじんを炒めます。次に干し椎茸、豆腐、いんげんを入れて油が回ったら調味料を加えて煮ていきます。

画像:圓尾 和紀

(4)水分がある程度とんだら溶いた卵を流し入れ、全体をかき混ぜて卵が固まったら出来上がりです!

画像:圓尾 和紀

 

干し椎茸を戻す時間がないときは生の椎茸を使い、別に出汁を使用してもよいでしょう。これに味噌汁かスープがあれば立派な食卓が完成になります。優しい味わいの和ごはんは一日の終わりに身体をほっこりほぐしてくれますよ。ぜひ、お試しくださいね。

 
圓尾和紀
管理栄養士/ファスティングマイスター
“日本人の身体に合った食事を提案する”フリーランスの管理栄養士。
TVや雑誌の出演、講演、執筆、カウンセリングなどで活動中。「カラダヨロコブログ」は月間アクセス20万以上。
著書“一日の終わりに地味だけど「ほっとする」食べ方”が2017年4月24日に発売予定。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる