専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > ウエストを引き締める「捻った椅子のポーズ」

ウエストを引き締める「捻った椅子のポーズ」

今回は運動不足で固まった体に刺激を与え、スッキリとさせる“捻りのポーズ”をご紹介したいと思います。代謝を上げたい方、ウエスト周りを引き締めたい方、足腰を強くしたい方にオススメですよ。

 

パリヴルッタ・ウトカタアーサナ(捻った椅子のポーズ)

画像:上村 由夏

(1)両足を腰幅に開いて立ちます。

(2)お尻を下方に沈めて、足の付け根と膝を曲げます。

(3)両手を合わせて合掌し、左の肘を右足の外側へ引っ掛けて、背骨を上から下へと捻っていきましょう。 腰からではなく首から下へと背骨を捻ることで、体にとって自然な動きなのでスムーズにポーズが深められます。無理はしないでくださいね!

(4)そのまま5〜10呼吸ほどキープします。

(5)ポーズを解いて“きをつけ”の姿勢に戻り、反対側も同様に行いましょう。

 

 

“捻った椅子のポーズ”に期待できる効果

ウエストの引きしめ、代謝を上げる、全身の血行をよくする、下半身の筋肉の強化、背中のストレッチ。

 

いかがでしたか? “捻った椅子のポーズ”は、全身を緊張させないようにリラックスした状態を意識して行いましょう。特に肩まわりが力まないように、背骨を捻る力を利用してポーズをキープしてみてください。疲れた体もリフレッシュできますよ!

【衣装提供】

NERGY

【画像】

※ 上村 由夏

【関連記事】

※ 冬のダメージは今すぐケア!春のヘアケア特集

美容師が教える「シャンプーを詰め替える時」の落とし穴(PR)

ツヤが止まらない…!美しい髪の女性がやってること(PR

春のデトックスヨガ2:股関節をほぐす「合せきのポーズ」

ヨガインストラクターがレッスン前後に飲んでいるもの

※ 美のプロが選ぶ!大人女性がGETすべき2017春コスメ3つ

※ 30代のトレンドメイクは、ポイント使いで自分らしさを引き出して

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる