専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > お疲れ顔とさよなら!仕事後に試したい「お直しモテメイク」

お疲れ顔とさよなら!仕事後に試したい「お直しモテメイク」

画像:杉本由美

仕事後の予定は楽しみだけど、メイクのお直しが上手くできなくてなんだかいつもイマイチな仕上がりになっていませんか? せっかくならば仕事後のメイク直しで、デイタイムとは違う魅力をプラスしてモテ指数もアップさせましょう!

今回はコスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者が、“仕事後に試したいお直しモテメイク”についてご紹介します。

 

まずは余分な皮脂や汚れをティッシュでオフ

画像:杉本由美

まずお直しメイクをする前に、ティッシュオフで余分な皮脂やその皮脂についてしまったお肌の汚れを軽く取り除いておきましょう。ティッシュオフをしないままお直しスキンケアをしてしまうとお肌に水分と汚れを混ぜて与えてしまうことになってしまいます。

ティッシュオフは、軽く押さえる程度で十分。オフをしたら手をキレイに洗って清潔な状態にしておきます。

 

お直しスキンケアでは、クリームなどでのフタは不要

画像:杉本由美

朝のメイク前にするスキンケアでは、洗顔、化粧水、クリームなどのライン使いをしますよね。だけどお直しでお肌を整える場合は、朝のスキンケアとは少し違います。筆者のおススメは、保湿効果の高い化粧水をハンドプレスして、しっかりお肌の水分を補うこと。

油分でフタをしなくていいの?という声がきこえてきそうですが、メイクアイテムには油分が多く含まれています。そのため、メイク崩れを防ぐには過剰な油分は控えたいところ。だからこそフタをしない分、ハンドプレスでしっかりお肌に水分を閉じ込めるようなイメージで保湿を行ってみてください。

 

必要なところだけ手を加える“マイナスメイク”でお直し

そしていよいよメイクです。メイク崩れが気になるところにだけコンシーラーとファンデーションを使ってお直しメイクをしていきましょう。夕方から夜にかけて目元のくすみが気になる方が多いと思いますが、こちらもコンシーラーでしっかりくすみをカバー。

画像:杉本由美

アイメイクがにじんでしまうのは油分が多くなってしまうのが原因のひとつ。パンダ目を防ぐために目元のキワはしっかりパウダーをのせておきましょう。必要なところだけ手を加えるいわば“マイナスメイク”は、お直しメイクの鉄板テクニックです。

 

オイルタイプのハイライトが、ツヤ美肌を叶えてくれる

夜は照明などでお肌がよりツヤっと光り、美肌を印象づけるチャンスタイムでもあるんです。どんなときでも自然なツヤ肌をまとうことが鉄板モテメイク! そして手っ取り早くツヤ肌になるために使える代表的なアイテムがハイライトです。頬骨に沿って軽くのせていくだけで、ツヤ美肌が完成します。

画像:杉本由美

朝のメイクで使用するハイライトは、筆者はパウダータイプのものを使用しており、どんなタイプのものでもOKだと思います。しかしお直しメイクでは、パウダータイプではなく断然オイルタイプのハイライトがおススメ。

どうしても朝よりお肌の水分量は低下するうえに、お粉ばかりをのせてしまうと、ナチュラルさが失われてしまいます。オイルタイプやクリームタイプのハイライトを使用することでお肌に自然なツヤ感が生まれますよ。ハイライトをこのタイプにするので、お直しスキンケアでは油分を与えないのがポイントだったのです。

 

いかがでしたか? 仕事終わりの楽しい時間を魅力的なあなたで過ごすために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ 杉本由美

【関連記事】

プロが検証!本当に選ぶべき実力派「フェイスパック」とは(PR)

※ 【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

プロの美ボディ習慣。今日からできるインナーケア(PR)

プロが手放せない!100点越えの「スキンケアアイテム」

メイクのノリが劇的によくなる!メイク前にするべきスキンケア

※ 美のプロが選ぶ!大人女性がGETすべき2017春コスメ3つ

※ 30代のトレンドメイクは、ポイント使いで自分らしさを引き出して

杉本由美
美肌研究家/コスメコンシェルジュ
手軽、ナチュラル、透明感ある美肌作りの提案を得意とする美肌研究家。MISS GRAND JAPANの公式講師も務める。アンチエイジングやシーンに合わせた美肌メイクで大人可愛い魅力を最大限引き出し、自身も無理なく続けられる美肌Lifeを送る。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる