専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > トレンドフード > 腸内を改善する!? スーパー大麦を使用したお勧め「快腸レシピ」

腸内を改善する!? スーパー大麦を使用したお勧め「快腸レシピ」

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

健康志向の人の中には“スーパー大麦”が話題になっていることを存知の方も多いのではないでしょうか? ただ、普段の食生活の中で大麦を毎日食べるのはなかなか難しいですよね。

今回は大腸の奥の環境を整え、全身の健康状態を高く保つための食習慣を提案、浸透させていくことを目的として組織された、“腸の奥からの健康を考える研究会が考案した“快腸レシピ”を紹介します。

 

スーパー大麦とは

スーパー大麦“バーリーマックス”とは、一般の大麦に比べて2倍の総食物繊維量、4倍のレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)を含むスーパー大麦として知られています。レジスタントスターチは、腸内細菌の“エサ”となり、短鎖脂肪酸(*)の産生に関与していることが近年の研究により明らかになっており、レジスタントスターチが細胞壁を構成する不溶性および水溶性食物繊維に包まれた構造を取ることで、消化酵素による分解を受けにくくなり、大腸の奥まで届くことが期待されています。

(*)短鎖脂肪酸:腸内細菌が食物繊維を発酵分解して産生するもので、代表的なものに、酢酸、プロピオン酸、酪酸などがある。

お勧めの“快腸レシピ”を紹介

今回は、第一線で活躍する料理家の方々が作成した、スーパー大麦“バーリーマックス”を使用した“快腸レシピ”をご紹介します。

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

出典:2017 スーパー大麦素材事務局

皆さんも“快腸レシピ”を参考にして健康状態を改善してみてはいかがでしょうか…?

【参考】

※ 2017 スーパー大麦素材事務局

【関連記事】

プロが検証!本当に選ぶべき実力派「フェイスパック」とは(PR)

※ 【管理栄養士が解説】注目のスーパーフード「モリンガ」の美容効果とは(PR)

プロの美ボディ習慣。今日からできるインナーケア(PR)

【栄養士が教える】春の食材を使った腸活レシピ

ベーコン×ほうれん草も?栄養価が減りがちな組み合わせ

※ 美のプロが選ぶ!大人女性がGETすべき2017春コスメ3つ

※ 30代のトレンドメイクは、ポイント使いで自分らしさを引き出して

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる