専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > メイクくずれが気になる季節到来!タイプ別対処法まとめ

メイクくずれが気になる季節到来!タイプ別対処法まとめ

メイクくずれは、”皮脂”・”乾燥”・”表情の動き”などが原因で起こります。日常くずれやすい場所や、何が原因でくずれるのかを知っておくことで、メイク直しやメイクくずれのしにくいメイク方法が見つかります。

今回はその原因と対処法をお伝えします。

 

■メイクくずれを最小限に防ぐ方法

①化粧下地を使う

化粧下地(メイクアップベース)を使っていますか? 化粧下地は、ファンデーションと肌をくっつける、”接着剤的存在”です。肌に馴染んでしまうスキンケアとは違い、肌の表面の毛穴の凸凹をなめらかに整え、ファンデーションの密着力を高めたり、もちを良くする働きがあります。

最近では、化粧下地も多機能なものが多く、UVカットはもちろん、毛穴やくすみ、ハリまでもカバーしたりテカリや黄ぐすみを防いで透明感のある肌に整えてくれるものなど、さまざまな種類があります。こんな多機能化粧下地を使わないなんて、もったいない! 自分に合った化粧下地をプラスしてみてください。

②ファンデーションの量に注意!

ファンデーションを塗る時に、つける場所によって使用量を気を付けていますか? ファンデーションは塗る場所によって、つける量を変えましょう。

特に皮脂の多く出るTゾーンや皮膚がよく動く口の周りや目の周りなどは、ファンデーションを薄くつけ、トラブルが出やすい頬には重ねずけをしてカバーしましょう。

 

■メイクくずれの原因と対処法

●皮脂によるくずれ

Tゾーンや小鼻の周りやあごは、皮脂腺が多い部分です。皮脂腺が多い分、皮脂でベタつき、くずれてしまいがちです。

対処法としては、毛穴の引き締め効果のある”収れん化粧水”などで皮脂を抑制したり、こまめにアブラ取りしで皮脂をオフし、フェイスパウダーなどでメイク直しをしましょう。
また、パール感のあるアイテムはテカリを際立てるので使用を控えましょう。

●乾燥によるくずれ

冷房により顔全体、特に目や口の周りが乾燥し、ファンデーションがパサパサしたり、小じわが目立ってしまいます。

対処法としては、スキンケアで目の周りや口の周り、頬などを保湿(夏の間は油分をさけやすいので)油分をしっかり補いましょう。

日中も乾燥を感じたなというタイミングでこまめに”ミスト化粧水”や、”乳液やクリーム”を手に薄く伸ばして乾燥する部分を軽くなでるようにして保湿しましょう。

●表情の動きによるくずれ

表情の変化や会話、咀嚼など顔の表情の出やすい部分、ほうれい線や眉間、額や頬の表情筋が動くことでメイクがくずれてしまいます。

対処法としては、ファンデーションの”厚塗りしない”ことです。隠したい部分がある時には、コンシーラーやコントロールカラーを使用しましょう。

 

メイクのくずれを防ぐには、保湿対策と日中の皮脂・汗対策がポイントです。日々のメイクに役立ててみて下さい。

a.kumi
ビューティーエイジングコラムニスト
「コスメライセンススクール広島校」・「Beautystudio Gaiiery」の代表をしており、長年美容業界で携えた知識と技術で年齢に抗うことより心身ともに健康で美しく年を重ねる提案を発信中。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる