専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > PR > 「笑顔のまま歯列矯正」ができる!とっておきの歯並びケア方法

「笑顔のまま歯列矯正」ができる!とっておきの歯並びケア方法

トビー・テクノロジー株式会社の20代から50代の男女48名へのアイトラッキング調査によると、笑いが大きいほど、口元や歯はよく見られる傾向にあり、「無表情」に比べ「大笑い」は2.57倍、口元や歯への視線の滞在時間が長いことがわかりました。さらに、笑いが大きいほど注意を引きやすく、視線が早く向けられる傾向にあるそう。

また、口元に対する注目度が高い「大笑い」では、 “歯並びが悪い”状態は平均2.47秒、“歯並びが良い”状態は1.75秒と、 “歯並びが悪い”状態の視線の滞在時間は1.41倍も長いことが判明しました。

 

■目立ちにくい!大人の女性におすすめの歯列矯正

Photo by 歯並びスマイル
www.hanarabi-smile.jp

自信をもって笑顔になりたいけれど、こんなに口元が見られているなんて、気が気ではなくなってしまいそう。歯列矯正は考えたこともあるけれど、金具をつけるのが恥ずかしい、お手入れが大変そう、と思った方も多いのでは?

そんな方のために、透明に近く目立ちにくい「マウスピース型の歯列矯正」があるんです!

今回紹介する歯列矯正法は、透明に近いマウスピース型の矯正装置を用いるので、目立ちにくいのが特徴です。

 

■医師がマウスピース矯正をすすめる理由

「3年前と比べると180%近いペースで相談を受けている」と話すくぼた矯正歯科医院院長の

窪田 正宏先生は、実際に自ら金具タイプの矯正器具をつけてみたことがあるそう。その際

“患者さんはこんなものを付けているのかと思う位の歯の痛み、食事のときに食べ物が挟まるという苦痛を感じ、矯正器具が唇に引っ掛かってしまい、人と食事したり会話をすることが辛く思うようになりました。歯の裏側で治療する矯正器具も長年扱ってはいましたが、ほとんどの患者さんで歯茎が腫れることや治療がしづらいこともあり、もっといいものはないか、快適なものはないかと考えていました。”

こんな経験からマウスピース矯正に出会い、治療されているそうです。

 

■マウスピース矯正のメリットって?

窪田先生にマウスピース矯正のメリットについて伺うと、目立ちにくい、医院に通う頻度が少なくて済む、接触のあるスポーツをしている方は、口の怪我がなくて済むといったことがあがりました。

治療期間は、従来の矯正とほぼ変わりません。また歯に関心が強いアメリカやヨーロッパなどではマウスピース矯正が普及してきており、治療を行った人は、すでに世界で400万人以上(2016年9月時点)に上っているそうです。

マウスピース型の歯列矯正は、金具で締め付けず、食事の時にははずして食べるので、制約もほとんどなく、歯磨きも楽ちん。いつも衛生的で口臭の心配もありません。簡単に外すことが出来るので結婚式などの写真を多く撮る日には外すなど、周りの人の視線も気にならないというメリットがあります。

 

いかがでしたか? 女性のお手入として爪や髪以外にも、「歯並び」を意識してみてはいかがでしょうか。ずっと悩んでいたけれどなかなか勇気がでなかった、という方はこの機会にお近くの医院で探してみてはいかがでしょうか。

【提供】

※ 歯並びスマイル http://www.hanarabi-smile.jp/special/hm/ep1/  

【参考】

トビー・テクノロジー株式会社によるアイトラッキング調査

【協力】

※ くぼた矯正歯科医院 院長 窪田 正宏

【略歴】

昭和61年 東京医科歯科大学歯学部卒業

      同大学歯科矯正学第1講座入局 

平成 2年 同大学大学院博士課程(歯科矯正学専攻)修了 

平成 5年 金沢市にて、石川県で初めての矯正歯科専門医院を開業

【現在】

日本矯正歯科学会認定医/東京矯正歯科学会会員/World Federation of Orthodontists Fellow

 

Sponsored by 歯並びスマイル

 

専門家が美容・健康に関する情報を発信する20~30代後半女性向け情報メディア。自分が「心地よいと感じられる美しさ」を手に入れたいと願う大人の女性に寄り添う情報が満載です。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる