専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > 寝る前に簡単!一日の疲れを取る「お休み前の太ももストレッチ」

寝る前に簡単!一日の疲れを取る「お休み前の太ももストレッチ」

忙しく過ごした1日の終わり。何となく疲れが取れずスッキリしない時は、寝ながら出来るスッキリストレッチを取り入れてみましょう。ヨガインストラクターである筆者が、ベッドで出来る、1日をホッとした気持ちで終えたい人にお勧めの太ももストレッチをご紹介します。

 

疲れが溜まりやすい下半身

夕方頃になると、足がむくみ始めて靴がきつくなったり、歩くときに腰回りが重たくて姿勢が伸ばしにくくなったりする事がありませんか?

それは下半身の血流が悪くなっている可能性があります。普段の生活の中で、足を大きく動かす機会はなかなかありません。沢山歩いているつもりでも、歩きにくいパンプスや革靴を履いていると、足の余計な部分の力を使い過ぎていたり、ふくらはぎの動きが悪く、循環が悪くなっていたりと原因はあらゆるところに。

それらの負担は下半身に溜まりやすく、ゆったり眠りたいのに、何となく疲れが取れないのは下半身に原因があるかもしれません。

 

■太ももの張りを取り除き、グッスリ眠ろう

(1)仰向けに寝ます。

(2)深い深呼吸を繰り返して、全身の力を抜きリラックスしましょう。

(3)左足の膝を曲げ、曲げた足を倒して踵をお尻の横へ。

(4)体が硬い人は、座った状態で左ひざを曲げ足を倒します。そこからゆっくり仰向けに寝ていきましょう。

(5)辛い場合は、背中と腰に枕やクッションを置いて段差を作ります。

(6)ゆっくり長い呼吸を意識しながら、30秒ほどキープします。

(7)余裕がある方は、右足を左足の上に置き、ストレッチの強度を深めましょう。

 

(8)終えたら両足を伸ばして脱力します。

(9)足の刺激が抜けたら反対側も同様に行いましょう。

 

いかがでしたか? 太ももの前側は張りやすく硬くなっています。1日の終わりにストレッチで伸ばしてあげるとスッキリします。前屈などで太ももの裏側ばかり意識しがち。体のバランスを良くする為にも、太ももの前側も解してあげることが大切です。

 

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる