専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > メイク > プロが伝授!大人メイクに上手なグリーンカラーシャドウの使い方

プロが伝授!大人メイクに上手なグリーンカラーシャドウの使い方

今シーズン流行しているパステルカラーの中でも、毎年グリーンは注目のカラー。チャレンジはしてみるものの、どうしても殴られたみたいになっちゃう……なんてこと、ありませんか?

実は、グリーンカラーを上手に使いこなすコツは、ベース&ハイライトにポイントがあるのです!

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が「プロが伝授!上級者のグリーンカラーメイクのやり方」をご紹介します。

 

■まぶたの上にコンシーラー

アイシャドーの発色を良くするためには、まずはまぶたの上のくすみを消しておかなければいけません。

私たち日本人の肌はもともと黄色味がかっているので、そのままシャドーを置くとアイシャドーの色がくすんで見えて“アザ”のように見えてしまうのですね。

そこで、ベースの段階でコンシーラーのハイライトカラーをまぶた全体に薄く置き、ワントーン明るい目元を仕込みましょう。

 

■パール感のあるハイライトシャドーでツヤをプラス

コンシーラーでくすみやアイホールの影を消したら、今度はツヤをプラス。

パール感のあるホワイトカラーをハイライトシャドーに選び、まぶた全体に置きましょう。

この時のポイントは、まぶた全体がワントーン明るくなる程度にしっかり目に乗せること。また、乗せっぱなしだと浮いて見えるので、必ずシャドーのキワは指でぼかしましょう。

 

■大胆に使うならアイホール全体に、さりげなく楽しむなら目尻側に

グリーンシャドーはその“色”そのものを楽しむのがメイクのポイント。

大胆に楽しみたければ、アイホール全体に指でのばすように目のキワから上に向かってシャドーを置きましょう。

さりげなく大人使いで楽しむなら、目尻側のアイホールのみに置きましょう。

この時も、ハイライトとグリーンシャドーの色の境目は必ず指でぼかすことをお忘れなく。

また、グリーンシャドーは1度塗りで済まさずに、目のキワに2度塗りして単色カラーでグラデーションを作るとより自然な仕上がりになりますよ。

 

■引き締めは、インライン&付けまつ毛で

せっかくのカラーアイシャドーも、ブラックなど引き締めカラーを目のキワに使ってしまうと重たくなってしまい台無しに。

カラーアイシャドーで目チカラを出したい時には、ペンシルタイプのアイライナーでインラインを引き目元を引き締めましょう。

加えて、付けまつ毛で目元をボリュームアップすれば、グッと視線を引き付ける目元になりますよ。

いかがでしたか?グリーンシャドーのポイントは、ハイライトの置き方と指でのぼかし方にあります。ぜひ、この夏のカラーメイクの参考にされてくださいね。

古賀真知子
ヘアメイクアーティスト/美容家
メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる