専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > スキニーデニムでバレる!「太もものゴツさ」を解消するヨガポーズ

スキニーデニムでバレる!「太もものゴツさ」を解消するヨガポーズ

なんとなく見ていれば細く見える。けれどスキニーデニムを履くと、くっきりごつい太ももの目立つことが悩みの女性はいますか?

特に太ももの前側が張り出すような場合は、足の使い方が問題かもしれません。ヨガインストラクターである筆者が、太ももがごつい理由と解消ヨガポーズをご紹介します。

 

■太ももの前側を酷使しやすい反り腰さん

姿勢の悪さは体の筋肉のバランスに影響します。日常生活の中で、使いすぎてしまう筋肉と、使わなさすぎる筋肉が出てきてしまうと、どうしても使いすぎる部分が逞しくなりますよね。

女性に多い反り腰の姿勢は要注意です。反り腰は、腰からお尻を弓のように反らしてしまう姿勢のことです。この姿勢でいると、立つ姿勢、歩く姿勢の時に、腹筋を使って姿勢を支えなくなるので、ぽっこりお腹もセットで悩んでいる人も多いでしょう。

反り腰の姿勢は体全体を支える時に、バランスを取る為に体の前側に体重をかけてしまう癖がつきやすく、その影響を受けるのが太ももの前側です。

 

■太ももの前側の張りを取る「三日月のポーズ」

普段使いすぎている太ももの前側の張りをストレッチしていきましょう。反り腰の癖がついている骨盤の前傾を緩める手助けにもなってくれます。

 

(1)両膝を床について膝立ちになります。

(2)右足を前に出し、左足は大きく後ろへ伸ばしておろしましょう。

(3)両足の幅を十分に取ったら、腰を真下に沈め左足の付け根から左足を伸ばします。

 

(4)左足の膝を曲げ、足先を左手で掴みます(やりにくい場合は、一度両手を床に下ろし、左足を掴みましょう)。

(5)胴体を起こし、吐きながら腰を真下に沈め、太ももの付け根から前側が伸びる位置で30秒キープします。

(6)反対側も同様に行います。

太ももの前側の筋肉は時間をかけて伸ばしましょう。張りが強くて痛い場合は、力が入って呼吸が止まりやすくなります。それでは逆効果になるので、ゆっくり呼吸ができ、刺激が強すぎないある程度余裕のある位置でキープしてあげるのがポイントです。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる