専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 季節の不調 > 湿度も大切!快適な夏の夜をすごすための「エアコンの設定の仕方」

湿度も大切!快適な夏の夜をすごすための「エアコンの設定の仕方」

寝苦しい夏の夜。みなさんはエアコンをつけっぱなしにする派ですか? それともタイマーにする派でしょうか。どちらにしても、夏の夜の快適な睡眠のためには、「温度」と「湿度」のコントロールが重要だそう。

今回はエアコン専業メーカー ダイキンがおすすめする、ぐっすり眠れる活用術についてご紹介します。

 

専門家が語る!夏の快眠には「温度」だけでなく「湿度」も重要

睡眠とエアコンの使い方の関係について研究している、奈良女子大学の久保博子教授によると、夏、快適に眠るためには、入眠時に「湿度」をコントロールすることが重要と提言しています。

湿度は50%程度より低く、温度は26℃〜28℃程度が最適だそう。

ダイキンの調査によると、湿度のコントロールを気にする人は少なく、温度の設定も28℃が最も多いという結果がでており、心地よい睡眠にはつながっていない可能性が高いことがわかっています。

 

つけっぱなしでもタイマーでも「暑くてなかなか寝付けない」

ダイキンが20代〜70代の男女1,000人を対象に調査した「夏の寝室でのエアコンの使い方」で、夏場寝るときにどのようにエアコンを使っているか聞いたところ、「一晩中つけっぱなし派(23.5%)」「タイマー(切り/入り)派(53.1%)」となり、夏の寝室では「タイマー派」が主流であることがわかりました。

更に「一晩中つけっぱなし派」と「タイマー派」のそれぞれのエアコンの使い方で、「暑くて寝苦しい」 経験をした人がどれぐらいいるかを検証したところ、どのエアコンの使い方でも過半数以上の人が「暑くて寝苦しい」経験をしているという実態が確認できました。

特に主流のタイマー派(53.1%)では、「暑くてなかなか寝つけない(65.9%)」、「暑くて夜中に起 きてしまう(64.0%)」と寝苦しさを経験している結果がでており、タイマー使用が快眠には結びついていないということもわかりました。

【参考】熱帯夜の困りごとと解決法-ダイキン工業株式会社

 

夏の夜の心地よい睡眠のために、自分にあったよりよいエアコンの使い方とはどんな使い方なのでしょうか。

 

ダイキンが指南!ぐっすり眠れるエアコン活用術

空調専業メーカー ダイキンが夏の寝室の上手なエアコン活用法をご紹介しましょう。

(参考:ダイキンが考える理想の空気より:http://www.daikin.co.jp/air/space/)

 

まずは湿度(しつど)計で湿度(しつど)をチェック!!

エアコンの温度設定が28℃でも暑くて眠れないというのは湿度(しつど)が原因だそう。快適と言われる湿度(しつど)50%~60% 室内環境がコントロールされていない状況なので、まずは湿度(しつど)計を使って室内の湿度(しつど)がど れくらいなのか計測してみてください。

 

WWO編集部で実際に家の温度と湿度を計測してみました。

なんと湿度70%超え……。どおりで暑くて不快なわけですね。

環境省によると、湿度が70%を超えていると夜間熱中症の危険性もある、とのことなので、これは注意せねばです……。

 

一晩中エアコンを使いたい人『28度以上に設定した「除湿運転」で上手に湿度を取って快適に』

 設定温度は28度以上に設定し、除湿運転で湿度(しつど)設定を50~60%に下げましょう。湿度(しつど)を下げることにより、体温を冷やしすぎずに体感温度だけが下がり、入眠直後の汗をしっかり乾かすことができるため、眠りやすい環境になります。 ※エアコンの機種によっては、「湿度(しつど)50~60%」という設定ができない場合もあります。

【参考】熱帯夜の困りごとと解決法-ダイキン工業株式会社

 

エアコンをつけっぱなしにしたくない人『お好みの温度&切りタイマー3時間に』

 就寝直後は汗の量が多くなるので、タイマー運転で部屋を冷やすことで、湿度(しつど)もコントロールされ、汗を乾かすことができ、入眠直後に眠りやすい環境になります。

 このとき「切タイマー」を3時間に設定すると、入眠直後の深い睡眠が温度変化で阻害されることなく2周期(※)確保できるために、前半の深いノンレム睡眠が安定的に取れます。 (奈良女子大学 久保教授コメント) ※平均的な睡眠周期は90分で1周期と言われています。

【参考】熱帯夜の困りごとと解決法-ダイキン工業株式会社

 

 編集部も挑戦。室内は除湿で28℃、湿度が51%で快適な睡眠をとることができました。

熱中症が気になる季節もまだまだ続きます。夏の快適な睡眠のためにも、「湿度」コントロールにも注目したエアコン活用術を試してみてはいかがでしょうか。そのためにもまずは室内の湿度をチェックしてみましょう。

 

【関連記事】

【専門家が解説】夏の快眠には温度だけじゃない!「湿度コントロール」が大切

【参考】

「夏の寝室 でのエアコンの使い方」-ダイキン工業株式会社

熱帯夜の困りごとと解決法-ダイキン工業株式会社

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる