専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > エクササイズ > ヨガ界のアンチェイジングの定番「ハラ・アーサナ」で疲労回復

ヨガ界のアンチェイジングの定番「ハラ・アーサナ」で疲労回復

ヨガはアンチェイジングに意識が高い女性にもオススメ! 年齢が気になりだした女性には、老化防止、若返りのポーズと言われている、ヨガのポーズ”ハラ・アーサナ(鋤のポーズ)”をマスターしてみませんか?

ヨガインストラクターである筆者が、初心者でも安心して出来る方法を教えます。

 

■普段しない格好は体を元気にさせるのに最適

オススメするこのヨガポーズは、体を逆さに逆転させることから”逆転のポーズ”とも言われています。足を持ち上げて、頭の先へ下ろす普段絶対にしないような動きをすることで体を元気にすると言われています。

女性には気になる老化防止、若返り、疲労回復、肩こりなどの症状に効果的と言われ、レッスンでも人気のポーズです。

 

■体が硬い人は、お風呂上がりの温まった体で行いましょう

体が硬いと、足を持ち上げるのが苦しい可能性があります。お風呂上がりなど、体が温まって解れている時を利用して始めましょう。

 

■ハラ・アーサナ「鋤のポーズ」

 

(1)仰向けに寝て、首や肩周りをリラックスさせておきましょう。

 

(2)両手で床を押しながら、両足の膝を曲げお腹の方へ引き寄せます。

 

 

(3)息を吸うタイミングでお尻を持ち上げ、両手で背中を支えながら足先を頭の先へ下ろしましょう。

 

(4)頭と首を動かさないように注意し、リラックスしたまま5〜10呼吸ほどキープします。

(5)背中を支えて補助しながら、背骨を一つずつ床へ下ろすような意識で体を元へ戻していきます。

(6)この時足が胴体から離れてしまうと辛くなりますので、なるべく足が顔の近くを通るように心がけましょう。

(7)お尻が床に戻せたら両手を体の横へ下ろし、続いて両足を床に戻しましょう。

 

(8)仰向けに戻ったら、両ひざを曲げその足を両手で抱え、体を丸くして左右、前後に体を揺らし、刺激の強かった部分を解します。

 

■無理をしないための注意点

足を持ち上げた時に両足が頭の先に降りない時は、頭の先にクッションなどを置いて支えられるようにするか、両ひざを曲げ、両腕でしっかりと背中を支えて補助するようにしましょう。ポーズ中、首や肩が痛かったら無理をしないようにしてくださいね。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる