専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > 筋トレ > 「ストレス解消+アンチェイジング」は簡易三点倒立で手に入れる♡

「ストレス解消+アンチェイジング」は簡易三点倒立で手に入れる♡

ヨガを続けていくと、やってみたい憧れのポーズが出てきます。中でも三点倒立やシールシャアーサナ(頭立ちのポーズ)など逆立ち系のポーズは人気です。見た目にもかっこいいだけではなく、集中力やバランス力、美容にも効果が高いのも魅力。

けれど、やってみようと思うと”怖さ”もつきもの。まずは簡単バージョンでその怖さに慣れる事も大切です。そこでヨガインストラクターである筆者が、効果もしっかり手に入れられる簡単バージョンをご紹介します。

 

■心身にポジティブな効果がすごい

逆立ちの一番の恐怖感は、頭よりも体が上にあるという逆転した体の位置にあります。支えられず転ぶイメージが真っ先に脳裏に浮かんでしまい、怖気付いてしまいますよね。

逆立ち系のポーズは、頭を下に下げ、体は上に来るという、普段しない姿勢をとる事によって、頭への血の循環が良くなる効果も。巡りを良くする事で肌や髪などにも若返りの効果があるとヨガでは言われています。

また集中力が必要なこのポーズは、イライラした気分をスッキリさせたりする効果も期待できます。

 

■コツさえつかめば怖くない

早速やってみようと思っても、怖さが邪魔をしますよね。まずは簡単バージョンで体が逆転する感覚に慣れてみましょう。簡単バージョンでも十分に効果はあります。これなら力の弱い方でも簡単です。

 

■三点倒立簡単バージョンをやってみよう

(1)四つん這いの姿勢からスタートします。

(2)肩幅に開いた両手の間に、頭を下ろします。

(3)この時、肘が左右に開いていかないように、脇は軽くしめておきましょう。

(4)両ひざを浮かせて、お尻を天井方向へ突き出します。少しずつ、足先を顔の方へと歩かせて、お尻が完全に天井を向くようにしましょう。

(5)お尻が天井を向いた位置に胴体がくると、胴体がふっと軽くなる感覚がします。その位置まで、しっかり足先を顔の方へ歩かせることがポイントです。

(6)脇をしめて、肩幅をキープした二の腕に片足ずつ膝を乗せていきます。

(7)両足を乗せたら、膝を深く曲げ、体をコンパクトにしてバランスを取りましょう。

(8)お腹を引き締めてふらつかないようにし、10呼吸ほどキープします。

(9)片足ずつ気をつけて床に下ろします。

(10)かかとにお尻を下ろし、おでこを床につけ脱力して休みましょう。

 

いかがでしたか? 最初は怖い逆立ち系のポーズ。ポジティブな効果は沢山あるので、まずは簡単バージョンから始め、怖さを克服していきましょう。

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる