専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 姿勢美人は美脚もち!鷺のポーズで美脚ケア

姿勢美人は美脚もち!鷺のポーズで美脚ケア

脚がむくむ、脚が全体的に硬くてメリハリがない。そんな脚の悩みを抱えている人は、同時に姿勢が伸びにくく、背中が丸まった印象になっているかもしれません。

立ち姿勢を保つ為には、脚の状態が大きく関わってきます。逆に言えば、姿勢が整って美しい人は美脚が多いのも事実。それは立つ姿勢の状態と脚の状態に関係があります。そこでヨガインストラクターである筆者が、姿勢を美しく整える為の美脚ケアを教えます。

 

■姿勢を保つ筋肉は体の後ろ側に多い

立ち姿勢を美しく、体に負担なく支えてくれる筋肉は主に体の後ろ側が多く働きます。首や肩、背中、腰、脚、それぞれ別々の筋肉で関連性はないと思いがちですが、それぞれが繋がって、協力し合いながら立ち姿勢を支えているのです。

脚の後ろ側が硬く、張っている状態だと、腰や背中を真っ直ぐに伸ばす事だけでも負荷がかかりやすく、疲れやすくなってしまいます。脚の筋肉を解す事は、美脚だけでなく、姿勢を良くする為にもとても大切な事なのです。

 

■鷺のポーズで脚ストレッチ

(1)両ひざを曲げて座ります。左足は横へ倒します。

(2)右足の裏を両手で掴み、脚を浮かせお腹に脚を引き寄せます。

 

(3)右足の太ももを胸に引き突つけ、さらに手で脚を押し付けながら力を入れて引き寄せます。

(4)数秒キープします。

(5)引きつけた足の力を抜き、ふわっと緩めた足の膝を伸ばしていきましょう。

(6)10呼吸ほどキープします。余裕があれば足の指先を顔の方へ向け、踵を前方へ押し出すようにして、ストレッチの強度を調整します。

(7)反対側も同様に行いましょう。

 

■硬い人は無理をしないで

膝の裏側が硬い人は、足を引きつける位置を緩め、膝が伸びやすいように調節してください。無理に膝を伸ばしきる必要はないので、太ももの裏側、膝の裏側、ふくらはぎと、適度に伸びを感じる位置を探しましょう。

いかがでしたか? 脚の裏側は、すぐに硬くなりやすい部分。その日の一日の過ごし方でも変化があります。硬い日は、座り仕事が続いていたり、あまり体を動かしていなかったりする日かもしれません。

日々の変化を感じ、調整する為にも毎日のケアとして取り入れていれてみてはいかが?

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる