専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > ボディケア > 【医師に聞いた】ケア次第でバッサバサなまつげは作れる!

【医師に聞いた】ケア次第でバッサバサなまつげは作れる!

つけまつ毛やまつげエクステをつけるWWO世代も多くなりました。株式会社ドクターシーラボが行った「まつげについての悩み」(調査概要:Webアンケート/2017年7月28日~29日/20歳~59歳 女性482名)では、以下のような回答に。

 1位 「ボリュームが少ない(65.7%)」
 2位 「短い(51.5%)」
 3位 「抜けやすい(39.4%)」

このような悩みは実はケア次第で解決できるそう。シロノクリニック 城野 親徳 氏(シロノクリニック総院長)がケア方法を伝授してくれました!

 

■まつげの寿命は短い…

まつ毛の寿命は1~3ヶ月で、1日あたり0.1mm程度しか伸びません。対して、髪の毛の寿命は数年と長く、1日あたり0.5mm程度伸びます。まつ毛は、まぶたと粘膜の境に生えていて、摩擦や刺激に弱いため、ビューラーの間違った使い方やつけまつ毛のグルー、さらにアイメイクを落とす時に力を入れすぎることで、抜ける・切れるなどの原因となります。

毛周期でないタイミングに抜けることで、ボリュームが少なくなり、次第に細いまつ毛ばかりになっていきます。まつ毛の寿命は縮まる一方です。

 

 

 

 

 

■まつげを長く太くする秘訣とは?

⑴ メイクやクレンジング時に、摩擦や刺激を与えない

⑵ 日中のまつ毛乾燥対策をする

 乾燥対策って?

 アボカド油や、コラーゲン、ヒアルロン酸などのうるおい成分でケアすることで、乾燥によるダメージを最小限に抑えます。マスカラを選ぶ際には、美容成分やうるおい成分が配合されているものを選びましょう。

⑶ ダメージまつげは肌や髪と同様にケアをする

 ダメージケアって?

 枝毛・切れ毛予防のトリートメント成分として知られる「パンテノール」は傷んだまつ毛を保護・補修します。若々しく健康的なまつ毛になりたい方は「センブリエキス」など、まつ毛の環境を整える成分で日常的にケアを。

 

城野先生は、「「まつ毛のボリュームが少ない」、「短い」という悩みを諦める必要はありません。ケア次第で太く、長くすることも、寿命を延ばすことも可能。」とのこと。

まつ毛へ与えるダメージを最小限にすること、乾燥から守ること、傷んだまつ毛を保護・補修することなどで、長くボリュームのあるまつ毛を育てることができます。メイクに頼るだけではなく、ケアの行き届いた美しい地まつ毛を手に入れましょう。

 

【参考】

緊急リサーチ!まつ毛の3大悩み 「少ない・短い・抜けやすい」をどうにかしたい!ドクターが語る「まつ毛を太く・長くする方法」

神崎 利奈
コスメライター/ブロガー/イベントレポーター
コスメライター/ブロガー/イベントレポーター
コスメの成分についてまで詳しくなってしまうほどコスメ好き。食や美容、健康のイベントに300件以上参加し、レポートしています。お仕事のご依頼はkanzakirina@gmail.comまで。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる