専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Food > 食生活 > エステティシャン直伝!太りにくい身体を作るための食事の摂り方

エステティシャン直伝!太りにくい身体を作るための食事の摂り方

「スリムな人ってどんな食事なの?」「ダイエットしなきゃな」「痩せたいなあ」と思っていても「帰宅時間が遅くてつい食べてしまう」などなど、食事やダイエットといったテーマは女性にとって永遠の悩み。

数々のダイエットアドバイスをおこなってきたエステティシャンの筆者が「太りにくい食事の摂り方」をお教えします。

 

■19時以降の炭水化物や糖分は控える

昼食から夕食の時間が空いてしまい、お腹が空いて夕食を食べるとついドカ食いをしたりしませんか? この空腹が長く続いた後の食事は吸収率がグンとアップしやすくなります。

帰宅時間が遅くなりどうしても夕食も遅くなりやすい……という場合は17時〜19時の間にスープやサラダなどの消化の良いものを食べておき、この時間におにぎりを食べておくことでお腹が空きすぎた後のドカ食い予防にもなり、急激な血糖値の上昇の予防にもなります。19時以降の米や麺類などの炭水化物や砂糖などが入った糖分はできるだけ控え、帰宅後はスープやお野菜や蒸したお肉などを取り入れましょう。

 

■食事は寝る2〜3時間前までに済ませておく

就寝直前の夕食は控えておきましょう。

身体のリズムは、日中の活動する時間は交感神経が優位になり、夕方以降はリラックスするように副交感神経が働くようになっています。

夜遅くに食事をしてすぐに眠りについてしまうと日中に比べて、食べたものを消化するスピードが落ちてしまい、血糖値が高い状態になっていたりするので、翌朝起きると胃がもたれる、便秘がちになる、身体がスッキリしないなどの状態が起きますので、就寝時間の2〜3時間前までには夕食は済ませておくのが理想です。

 

■食事は温かいスープから取り入れる

食事の際に意識して欲しいことは、最初に温かいスープから取り入れましょう。温かいスープを取り入れることで、内臓を温めたり、暴食を防ぐことにもつながります。

お野菜たっぷりの豚汁やお味噌汁、コンソメスープなど食事の最初はスープからという習慣にしましょう。そしてサラダやお肉やお魚などのおかず、ご飯といった順番で取り入れる用意しましょう。満腹感もアップするので、慣れてくると1食の食事量が減る方もいらっしゃいます。

 

■低脂肪、高タンパク、野菜、きのこ類、海藻類を意識する

炭水化物やお肉を丸っきり抜くような無理な食事制限は健康にも美容にもよくありません。

人間の身体は内臓や筋肉を作るためにタンパク質が必要。ですので脂肪の少ないお肉やお魚、卵や大豆といった低脂肪、高タンパクと摂るようにしましょう。

タンパク質と同様に身体にとって必要なのが食物繊維です。食物繊維によって腸内や体内に溜まった毒素をしっかりと排泄してくれる働きもありますので、お野菜やきのこ類、海藻類も意識して取り入れるようにしましょう。

 

食べるタイミングや取り入れるべき栄養素などちょっとしたことの積み重ねです。太りにくい身体を作るためにも食事の取り方をできるところから取り入れて習慣にしてみませんか?

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる