専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Beauty > スキンケア > さらなる美肌を作るために!女性ホルモンサイクルに合わせたスキンケア法

さらなる美肌を作るために!女性ホルモンサイクルに合わせたスキンケア法

女性にとって覚えておきたい女性ホルモンのサイクル。「生理前と生理後のお肌のコンディションが違う」「生理前には肌荒れやニキビができる」など経験したことがあると思います。

女性の生理に大きく関係している女性ホルモン。そのホルモン分泌や変化によってお肌の調子が左右されることも。

そんな女性ホルモンサイクルに合わせてスキンケアをしてあげることでより美肌に近づくことができます。その方法をエステティシャンである筆者がご紹介します。

 

■覚えておこう!ホルモンの変化は大きく分けて2種類

(1)肌荒れやコンディションがいまいちになりやすい時「プロゲステロン」

体質や生理周期によっても個人差がある場合もありますが、生理が終わり約2週間後に排卵が起き、排卵後から次の生理に向かって徐々に増え、生理が始まると減少するホルモンを「プロゲステロン」と言います。

肌荒れやニキビ、吹き出物といった症状や、顔や身体がむくんだり、気分が優れない、イライラするといった症状も関係することも。この時期はお肌も身体も敏感になりやすいです。

 

(2)お肌も身体も調子が良い時「エストロゲン」

「エストロゲン」は生理初日から排卵日に向かって増加し、排卵後から減少していきます。

生理前は肌荒れやニキビや吹き出物が出るなどの肌の不調が現れやすいのに対し、生理後には比較的お肌の調子が良いと感じるのはこのエストロゲンのホルモンの分泌が安定しているからです。

これらの特徴を理解した上でスキンケアも変化させてみましょう!

 

■生理中のスキンケア(約7日間)

生理の期間はプロゲステロンもエストロゲンも分泌が減少する傾向にあります。比較的生理前に出来たニキビや肌荒れがだんだん落ち着いてきたり、イライラや不安定な気分も落ち着いてきます。

ですが、身体はむくんでいたり、気分的にはしんどいですよね。活動的になりすぎず、リラックスすることを心がけお風呂あがりには気分の安らぐ香りを嗅いだり、たっぷりと化粧水を塗り、美容オイルをなじませて保湿をしましょう。

 

■生理後〜排卵日に向かってのスキンケア(約10日間)

生理後から排卵日まではエストロゲンの分泌が増え始めます。エストロゲンの分泌が増え始めると水分と皮脂のバランスが整うのでお肌の調子が良くなります。

この時期に角質ケアやパック、エステや美顔器などでお肌の深い部分などの念入りなケアをおこなうと良いでしょう。

 

■排卵日〜生理前に向かってのスキンケア(約10日間)

排卵日が過ぎ、生理が始まるまでの期間はプロゲステロンの分泌が盛んでお肌も身体も不安定になりやすい時です。

肌荒れやニキビ、吹き出物や顔や身体がむくむといった状態が起きやすいのでこの時期に保湿スキンケアをしっかりとおこない、プラスアルファーにマッサージを行うと良いでしょう。身体をしっかりと温め、お肌も心もリラックスするようにしましょう。

 

このように自身のホルモンの変化やリズム、特徴を覚えておき、その時に必要なスキンケアを取り入れること。

生理前は気分的に憂鬱になりやすいのでリラックスしたり、生理が終わってから念入りなメンテナンスをするなど自身の身体のリズムと向き合うことがさらなる美肌を作るポイントですので是非取り入れてみてはいかがですか?

Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる