専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Lifestyle > 恋愛・結婚 > 【大人の恋の処方箋】関係別、男が「本気の女」をつくるタイミング

【大人の恋の処方箋】関係別、男が「本気の女」をつくるタイミング

「結婚願望ですか、ありますよ。僕、結婚したいんですよ」

飲み会などの場で、このようなことをいう男性は多いですが……5400件以上の恋愛相談を受けてきた筆者としては、100%信用はできないと考えています。

結婚願望があるとはいえ「明日にでもしたい」か「いい人がいたら、数年以内には」では、状況は大きく違ってくるからです。

男性の結婚願望は、ある日突然、雷のように落ちてくることが多く、その時に一番近くにいる女性を結婚相手として意識することが多いのです。

・自分はもう、これ以上モテないだろうと思っている
・今の仕事が安定していて、家族を養える自信がある
・彼女の女性としての価値が高く、居心地が良い

この中の3つのうち多くが当てはまっていればいるほど、本気の女……つまり、結婚という将来を考えたお付き合いになりやすくなります。

結婚を意識している男性であれば、目の前の彼女に将来を重ね合わせる瞬間があるもの。

そんな瞬間を2人の恋愛関係の密度ごとに示していきます。

1.男性が片想い的な関係

ありがちなことですが、彼女の容姿、性格などが自分の理想にピッタリな場合、相手との思いを深める前に男性が勝手に「本気の女」としてしまうのです。

結婚を前提とした出会いで話が決まりやすいのは「彼女は理想の人だ!」という男性の強い思いからスタートするから。

その後のアプローチで男性の思いが成就すれば、一気に結婚へと突き進むこともあるでしょう。

女性の方からは、何もする必要はありません。エスカレーターに乗っているだけのようにスムーズに、将来を考えた付き合いへ進むでしょう。

2.彼女の思いが強い関係

男性が「今度付き合う人とは結婚しよう」と考えている場合、彼女の思いが強い関係でも、彼女の本気モードに釣られて彼女と一緒に本気になることもありえます。

付き合いもそれなりに進んでいくと自然と将来を見据えた関係に進展していきますが、この場合、適齢期を強く意識する女性の方が積極的になりやすいもの。

男性としてはおぼろ気ながらの将来の姿が、彼女の本気モードにつられて結婚となる場合があります。このような場合は、女性がリードして関係を進めてしまうのも、アリといえるでしょう。

恋愛関係に将来があるかどうかは、男性の気持ち次第。

理想と一致し、関係も深まり、真の愛情が生まれてくれば、彼女は自然と本気の女になっているもの。
但し男性は結婚適齢期を幅広く考えることが多いため、うまくいっている関係そのものに安心してしまい、本気ではあるものの中々結婚へのステップを踏み出さないことがあります。

そのような場合は「いつまでに結婚するのか」を決めさせる女性からのアプローチも必要になってきます。
女性からプレッシャーをかけられることで、トントン拍子に関係が進むことも、ありますから。

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表
恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』、『最終彼氏の見つけ方(大和出版)』他。2児の母。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる