専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Fitness > ストレッチ > 「クーラー冷え」ケアをしよう!下半身の循環を良くする股関節ストレッチ

「クーラー冷え」ケアをしよう!下半身の循環を良くする股関節ストレッチ

秋の気配を少しずつ感じることが出来るこの頃。けれど、残暑も同時に厳しい時期です。この時期は、クーラーの温度調節が難しく、足だけが冷えてしまう。なんてことがありますよね。

足の冷えはむくみを起こし、女性にとってはありがたくない話。そこでヨガインストラクターである筆者が、下半身の血流を良くする方法を教えます。

 

股関節周りをほぐして循環を促す

足の付け根の股関節周りは、リンパなどが滞りやすく、冷えやむくみを引き起こしやすくします。実際に、筆者もこの時期は足の冷えに悩まされるので、下半身のケアが必須。

まずは股関節から良くストレッチし、下半身の巡りを促しましょう。

 

下半身の巡りを良くする股関節ストレッチ

(1)四つん這いの姿勢を作ります。

(2)足の付け根の真下に膝が来るようにセットし、両ひざを左右に開いていきます。

(3)両足先は引き寄せておきます。

(4)膝よりも腰が前に出ないように注意しながら、腰を床へ落としていきましょう。

(5)さらに腰が沈められれば、かかとの上にお尻を下ろします。この時、足の付け根のストレッチを保てる位置をキープしましょう。

(6)30秒ほどキープします。

(7)終えたら、足を閉じ楽な姿勢で刺激が抜けるまで休みましょう。

 

上級編、うつ伏せになってみよう

足の付け根を大きく開くポーズは体が硬い人にとってはきついと感じるでしょう。無理に押し広げようとせず、上半身の重みを利用して自然と足の付け根に刺激が入る程度でOKです。

さらに余裕がある人は、腰を少し前にスライドさせながら、お腹と腰を床に下ろしていきましょう。足先は多少離れても大丈夫です。腰に負担がかかるようなら、ポーズを解いて、前章のポーズに戻ります。

いかがでしたか?股関節周りをしっかり開くことが出来るこのポーズは、慣れるととても気持ちがよくリラックス出来ます。ポーズを置けた後、仰向けでリラックスすると、両足が軽くなったような感覚を感じるかもしれません。

寝る前などにオススメなので、是非試してみてくださいね!

上村 由夏
ヨガセラピスト/ラジオパーソナリティ
「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。
Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる