専門家が集まる美と健康メディア
Woman Wellness Online > Health > 季節の不調 > 冷えは大敵!内臓を冷やさないために気をつけるべき3つのこと

冷えは大敵!内臓を冷やさないために気をつけるべき3つのこと

手足の冷えなど女性にとって大敵である身体の冷え。その中でも意外に気づきにくいのが「内臓の冷え」。内臓が冷えることで身体にも様々な支障をきたしてしまいます。内臓を冷やさないために気をつけるべき3つのことをご紹介します。

 

■内臓が冷える原因

内臓が冷える原因はエアコンの風などで冷えたり、薄着によって冷えてしまう「外側からの冷え」と冷たい飲み物や食べ物によって起きる「内側からの冷え」があります。

運動不足やストレス、自律神経の乱れによって血液循環が悪くなり冷えることもあったり、無理なダイエットによって熱量が不足してしまい冷える場合もあります。

内臓が冷えてしまうと血液循環が悪くなってしまうだけでなく、様々な身体の機能が低下してしまい、代謝量が落ちることで脂肪が落ちにくい、免疫力が弱くなり風邪をひきやすい、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因にもなります。

 

■内臓を冷やさないために気をつけるべき3つのこと

(1)食生活

内臓を冷やさないために意識するのが食生活。意識して取り入れてほしいのが冬野菜や根菜類。大根や人参やごぼう、具沢山のお味噌汁や豚汁、生姜を取り入れた食事、食物繊維が豊富な野菜や海藻類、玄米なども良いです。

食事の順番

1.野菜やおかずなどの副菜や汁物、温かいもの

2.肉や魚などの主菜やタンパク質

3.ご飯や麺類、パン類などの主食 の順番で食べるようにしましょう。

 

(2)身体を温める

平熱が35度台などの低体温、手足がむくみやすい、肩こりがひどい、顔色、血色が悪い、腰回りやお尻が冷たい、寝つき、寝起きが悪い、疲れやすい、だるい、風邪をひきやすいなどが当てはまる場合は内臓が冷えているかもしれません。

内臓を冷やし続けてしまうことで、血流の低下、免疫力の低下、基礎代謝の低下、消化機能の低下、肝機能の低下などが起きやすくなるため、足先や手先、お尻や腰回りなど触って冷たいところは外側から温め、食事なども意識して内臓を冷やさないようにすることも大切です。

 

(3)運動

内臓を温めるには運動も一緒におこないましょう。普段なかなか身体を動かせない場合もありますが、ストレッチやヨガ、ウォーキングなどや、一駅分歩いたり、階段を使うなど普段の生活の中でできるところから始めましょう。

 

このように身体の冷えは外側の冷えと内側の冷えがあり、内側の内臓が冷えることで様々な体調不良を起こす原因にもなります。日頃から身体を冷やさない意識を持つようにしましょう。

寒川あゆみ
エステサロンオーナー/美容家/ライター

大阪 谷町九丁目 エステサロン Private Salon Laule’aを運営。サロンワークの他、美容家・美容ライター・講師としても活動。


Recommended Articlesあなたにオススメの記事
検索窓を閉じる